モバイル衛星サービス市場、2027年に64億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のモバイル衛星サービス市場は、2021年に44億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.05%のCAGRで成長し、2027年には64億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

モバイル衛星サービス(MSS)は、音声、データ、インターネットサービスを携帯端末や固定端末、船舶、航空機、建物、陸上車両に提供する無線通信サービスです。これらの通信サービスは、地球上の広い範囲をカバーし、その運用は通常、地域の通信インフラから独立しています。また、災害時には、災害救助用通信を提供することができるため、災害時に有効であると考えられています。現在では、航空宇宙、海運、自動車、医療などの分野で世界的に採用が進んでいます。

市場の動向

高速インターネットの普及と無線アクセスの向上により、データ通信やマルチメディアアクセスの強化など、新しい機能が導入されるようになりました。これは、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。さらに、海外出張や、地上や携帯電話の電波が届かない場所で陸海空を頻繁に行き来する軍事・防衛関係者によるMSSの利用が大幅に増えています。このほか、林業、鉱業、石油・ガス会社では、音声通信、遠隔地との接続、機器やハードウェアの追跡・自動監視にMSSが利用されています。さらに、これらのサービスは、地上波の電波が届かない場所まで徒歩や車、船で移動する個人にも利用されています。MSSは音声とデータのサービスを提供し、緊急時の追跡、位置確認、当局との通信を支援します。このことは、低地球軌道(LEO)衛星の需要の高まりと相まって、市場の成長を後押ししています。さらに、次世代衛星機能を備えた5Gモバイルネットワークの増加が、世界中でモバイル衛星サービスの需要を促進しています。その他、技術の革新や世界的なデジタル化の進展などの要因が、予測期間中のモバイル衛星サービス市場にプラスの影響を与えると予想されています。

主要な市場区分

モバイル衛星サービスの世界市場は、サービスタイプ、用途、業種に基づいて細分化されています。

サービスタイプ別の市場区分

・音声サービス

・データ通信サービス

・ビデオサービス

用途別の市場区分

・陸上

・航空

・海上

業種別の市場区分

・BFSI

・航空宇宙・防衛

・ヘルスケア

・公共分野

・IT・通信

・小売

・その他

市場の競合状況

モバイル衛星サービスの世界市場における主要な企業としては、EchoStar Corporation、Globalstar Inc.、Inmarsat、Intelsat S.A.、Iridium Communications Inc.、Orbcomm、Singtel、Telefonaktiebolaget LM Ericsson、Telstra Corporation Limited、Thuraya Telecommunications Company、Viasat Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]