農業用燻蒸剤市場、2027年に28億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の農業用燻蒸剤市場は、2021年に22億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.1%のCAGRで成長し、2027年には28億米ドル規模に達すると予想されています。

農業用燻蒸剤は、病気を引き起こす菌類、線虫、雑草を駆除するために使用される揮発性の有毒物質です。作物や樹木を植える前に、地面から2フィート(約3.5メートル)下に注入し、不透過性のフィルムで覆います。農業用燻蒸剤は、農業従事者の健康や安全、誤用や事故による環境へのリスクが大きいため、訓練を受けた認定農業従事者のみが散布することができます。一般的に使用されている農業用燻蒸剤には、臭化メチル、ジクロロプロパン、プロピレンオキサイド、ジブロモクロロプロパン、有機リン系殺虫剤、クロルピクリンなどがあります。

市場の動向

現在、世界人口の増加により、世界的に食糧が大幅に不足しています。そのため、農作物や土壌を害虫、昆虫、ネズミ、モグラなどから守るための効果的な農法を導入する必要性が高まっており、これが市場の成長を強化する重要な要因の一つとなっています。農業用燻蒸剤は、農作物や穀物の菌類を除去するために収穫前の土壌に挿入されます。また、食糧安全保障の観点から収穫後の食糧損失を最小限に抑える必要があるため、虫や昆虫、シロアリなどによる収穫した作物への被害を軽減するために、収穫後に農業用燻蒸剤が広く使用されています。これとは別に、列やベッドの処理、深い配置、表面シーリング、プラウソールアプリケーション、および精密農業に幅広い用途が見いだされています。さらに、主力企業は、毒性の低い、より効率的な農業用燻蒸剤を導入するための研究開発(R&D)活動に継続的に資金を投入しており、これが市場に明るい展望をもたらしています。市場成長を促進するその他の主な要因としては、世界中でユニークな農法を導入する動きが活発化していること、農業界における技術革新の進展、高度な保管技術の利用可能性などが挙げられます。

主要な市場区分

農業用燻蒸剤の世界市場は、タイプ、形態、作物、用途、害虫駆除方法に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・臭化メチル

・クロルピクリン

・ホスフィン

・メタムソーダ

・1,3-ジクロロプロペン

・その他

形態別の市場区分

・固体

・液体

・気体

作物別の市場区分

・穀類

・油糧種子・豆類

・果物・野菜

・その他

用途別の市場区分

・土壌

・倉庫

害虫駆除方法別の市場区分

・防水シート燻蒸

・非タープ注入燻蒸

・構造燻蒸

・真空チャンバー燻蒸

・その他

市場の競合状況

農業用燻蒸剤の世界市場における主要な企業としては、AMVAC Chemical Corporation, Arkema, BASF SE, Corteva Inc., Detia Degesch GmbH, FMC Corporation, Lanxess AG, Nippon Chemical Industrial Co. Ltd., Nufarm, SGS SA, Syngenta AG (China National Chemical Corporation), Trinity Manufacturing Inc., UPL Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]