視覚誘導ロボティクス(VGR)市場、2027年に134億米ドル規模到達見込み

市場の概要

視覚誘導ロボティクス(VGR)の世界市場は、2021年に61億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は14.42%のCAGRで成長し、2027年には134億米ドル規模に達すると予想されています。

視覚誘導ロボット(VGR)は、カメラ、特殊照明、ソフトウェア、ロボットが組み込まれた自動化技術です。また、マシンビジョン(MV)および画像処理技術と統合され、ロボットコントローラに第2のフィードバック信号を提供し、可変目標位置へナビゲートします。従来のロボットと比較して、より高い精度と操作性を提供し、製品変更に対応した柔軟な製造・生産ラインを容易に実現します。また、時間のかかる作業を省き、生産性を向上させることができるため、世界的に需要が高まっています。

市場の動向

現在、世界中で急速な工業化に伴い、産業、製造、輸送分野でVGRシステムの導入が増加しています。これは、市場の成長を推進する重要な要因の一つとなっています。これとは別に、多くの業種において自動化と安全性の要求が高まっています。このことは、VGRシステムが従来のロボットと比較して、適用性や適応の柔軟性などの点でいくつかの利点があることと相まって、市場の成長にプラスの影響を及ぼしています。さらに、市場の主力企業は研究開発(R&D)活動に継続的に資金を投入し、高解像度(HD)カメラやビジョンシステムの障害物検知・回避スキルを持つ正確なセンサーを搭載した先進的なロボットを導入しています。これらの高度なロボットは、運転、飛行、移動などの柔軟な作業を支援します。さらに、主力企業は、高速で拡張するコンピューティングパワー、高レベルのソフトウェアライブラリの改善、イメージングハードウェアの進歩、コンピュータメモリのコスト削減に注力しており、これが明るい市場展望をもたらしています。また、医薬品、半導体、自動車、化粧品、食品、医療機器などにおけるVGRシステムの利用が増加していることも、市場を牽引しています。

主要な市場区分

視覚誘導ロボティクスの世界市場は、タイプ、コンポーネント、業種に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・2Dビジョンシステムロボット

・3Dビジョンシステムロボット

コンポーネント別の市場区分

・ハードウェア

・ソフトウェア

・サービス

業種別の市場区分

・自動車

・電気・電子

・航空宇宙・防衛

・食品・飲料

・医療・製薬

・金属加工

市場の競合状況

視覚誘導ロボティクスの世界市場における主要な企業としては、ABB Ltd., Allied Vision Technologies GmbH, Basler AG, Bastian Solutions LLC ( Toyota Industries Corporation), Cognex Corporation, DENSO Corporation, FANUC Corporation, ISRA Vision AG (Atlas Copco), Kawasaki Heavy Industries Ltd., OMRON Corporation, Universal Robots A/S (Teradyne Inc.), Yaskawa Electric Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]