ハラール化粧品市場、2027年に540億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のハラール化粧品市場は、2021年に273億1,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.85%のCAGRで成長し、2027年には540億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

ハラール化粧品は、イスラム教のシャリア法で許されている成分を使用して製造されています。これらの製品は、人体に由来する成分を一切使用していません。また、イスラム法で禁止されている動物や、非ハラールな方法で屠殺された動物から得られた成分も含まれていません。また、これらの製品には、不浄とされる遺伝子組み換え生物(GMO)も含まれていません。これらの製品は、イスラム法を遵守しない成分が含まれていないことを保証するために、メーカーによる認証が必要です。

市場の動向及び成長要因

世界の人口の5分の1以上を占めるようになったイスラム教徒の増加が市場を牽引しています。若い世代がより意識の高い消費者として台頭してきたことで、ハラール化粧品への支出が増加しています。

以前は、ハラール化粧品の選択肢は限られていましたが、ここ数年、ハラール化粧品の需要が高まり、それに伴ってハラール認証を受けた化粧品メーカーの数も増えてきました。現在、これらのメーカーは、香水、化粧水、口紅、シャンプー、ローション、石鹸、パウダー、シャワージェルなど、幅広い製品を提供しています。

現在、非イスラム教徒の大半が、安全、清潔、衛生を象徴し、動物性副産物を含まないハラール化粧品にシフトしています。また、ハラール化粧品の製造、包装、保管の過程では、最適なレベルの清潔さが要求されるため、複数の非イスラム諸国で需要が高まっています。

電子商取引やソーシャルメディアを含むオンライン市場は、ハラール化粧品の需要を促進する上で重要な役割を果たしており、他の伝統的な流通チャネルよりも急速に成長しています。さらに、メーカーは、YouTube、Facebook、Instagramなどのソーシャルメディアプラットフォームを利用して、消費者に多大な影響を与えています。

主要な市場区分

世界のハラール化粧品市場は、製品タイプ、流通チャネル、地域に基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

パーソナルケア製品

・スキンケア製品

・ヘアケア製品

・フレグランス

・その他

色彩化粧品

・フェイス

・アイ

・リップ

・ネイル

現在、イスラム教徒と非イスラム教徒の両方から絶大な人気を得ているのが、パーソナルケア製品です。これらの製品はさらに、スキンケア、ヘアケア、フレグランス、その他に分類されています。

流通チャネル別の市場区分

・オンライン

・オフライン

現在、ほとんどのハラール化粧品は、ブティック、専門店、マルチブランドショップ、ブランドアウトレットなど、複数のオフラインチャネルを利用して世界各地で販売されています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域がハラール化粧品の最大の市場であり、世界市場の大半を占めています。

市場の競合状況

世界のハラール化粧品市場で事業を展開している主な企業は以下の通りです。

・Amara Cosmetics

・Pure Halal Beauty

・SAAF International

・Sampure Minerals

・Inika Cosmetics

・Martha Tilar Group

・One Pure

・Ivy Beauty

・MMA Biolab

・The Halal Cosmetics company

・Clara International

・INGLOT

・Jataine

・Le Wangi De Wangi

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]