小児インターベンショナルカーディオロジー市場、2027年に34億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の小児インターベンショナルカーディオロジー市場は、2021年に22億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.80%のCAGRで成長し、2027年には34億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

小児インターベンショナルカーディオロジーは、乳幼児、小児、18歳までの青少年の心臓疾患を治療するために、特定のカテーテルベースの技術を使用する循環器内科の一領域です。バルーン血管形成術、コイル閉塞術、ステント植え込み術、大動脈弁狭窄症などが含まれます。従来の心臓病治療と比較して、小児インターベンショナルカーディオロジーはより低侵襲であるため、術後の合併症を減らすことができます。そのため、臨床検査機関、病院、心臓センター、研究機関などで、血管形成術、弁膜症、冠状動脈血栓除去術、先天性心疾患矯正術などを行うために広く採用されています。

市場の動向

心房中隔欠損症(ASD)、房室形成不全、動脈管開存症(PDA)、心室中隔欠損症(VSD)など、小児におけるさまざまな先天性心疾患の事例が増加していることは、小児インターベンショナルカーディオロジー市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、カテーテル、生体吸収性ステント、ガイドワイヤー、バルーン、ステント、血管閉鎖器具、アテレクトミー器具など、新規かつ効率的な小児用インターベンショナルカーディオロジー器具の導入も市場成長要因として作用しています。これに伴い、感染リスクの低下、術後回復期間の短縮、大きな傷の回避といった利点に関する認知度の高まりとともに、患者の非侵襲的医療処置へのシフトが進んでいることも、市場を牽引する要因になっています。その他、医療費の増加や、規制手続きの迅速化のために各国政府が行っている数多くの取り組みも、市場に明るい展望をもたらしています。また、大規模な研究開発(R&D)活動、個人の医療費の増加、既存の医療インフラ強化のための政府や非政府組織(NGO)による投資、インターベンショナルカーディオロジー分野における著しい技術的進歩などの要因も市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界の小児インターベンショナルカーディオロジー市場は、デバイスタイプ、手術、最終用途に基づいて細分化されています。

デバイスタイプ別の市場区分

・クロージャーデバイス

・トランスカテーテル心臓弁

・アテレクトミーデバイス

・カテーテル

・バルーン

・ステント

・その他

手術別の市場区分

・カテーテル弁膜症治療

・先天性心不全治療

・血管形成術

・冠動脈血栓除去術

・その他

最終用途別の市場区分

・臨床検査研究所

・病院

・心臓センター

・小児科クリニック

・研究機関

市場の競合状況

世界の小児インターベンショナルカーディオロジー市場における主要な企業としては、Biotronik SE & Co. KG, Boston Scientific Corporation, Cardinal Health Inc., Edwards Lifesciences Corporation, General Electric Company, Koninklijke Philips N.V., Lepu Medical Technology (Beijing) Co. Ltd., Medtronic plc, NuMED Inc., Siemens Healthineers AG, Terumo Corporation, W. L. Gore & Associates Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]