イソプロピルアルコール市場、2027年に54億米ドル規模到達見込み

イソプロピルアルコールの市場概要

イソプロピルアルコールの世界市場は、2021年に43億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.1%のCAGRで成長し、2027年には54億米ドル規模に達すると予想されています。

イソプロピルアルコールは、化学式C3H7OHで表される有機化学化合物です。無色で揮発性の可燃性液体化合物であり、苦味と強い臭いがあります。水、数種のアルコール、エーテル、クロロホルムと混和性がありますが、塩水には不溶性です。主な用途は、エッセンシャルオイル、樹脂、アルカロイド、ガム、セルロース、コーティング剤の溶剤、ラッカー、液体燃料、抽出プロセスの除氷剤、凍結防止剤の防腐剤などです。また、イソプロピルアルコールはグリセロール、シェラック、速乾性インク、酢酸イソプロピル、クレオソートの製造にも使用されています。

世界のイソプロピルアルコール市場の推進要因

イソプロピルアルコールは、塗料やコーティング、自動車、化粧品、印刷、製薬など、さまざまな川下産業で幅広く使用されています。世界的な景気回復に伴い、世界的な景気回復に伴い、消費者の可処分所得が増加し、ライフスタイルが大きく変化したことが、市場の成長に拍車をかけています。イソプロピルアルコールは、はんだ付け後のフラックス残渣の除去や、オイル、グリース、その他の取り扱い上の汚れを除去する一般的な洗浄剤として使用されてきました。また、動植物油、ワックス、樹脂、香料、油脂、ビタミンなどの天然物の精製や抽出にも使用され、市場の成長にプラスの影響を与えています。

イソプロピルアルコールの急成長市場はアジア太平洋地域であり、中国が市場を牽引しています。この地域ではイソプロピルアルコールが容易に入手できるため、非常に低価格で大量に購入することができます。また、化粧品やパーソナルケア産業の発展、急速な経済成長、所得水準の向上により、イソプロピルアルコールベースの製品への需要が高まっています。

イソプロピルアルコールは、適切な取り扱いと保管をすれば安定した品質を保つことができます。また、賞味期限は製造年月日から2年間です。イソプロピルアルコールの化学組成と効能は、未開封の状態で2年間保たれます。

イソプロピルアルコールを商業的に生産する最も一般的な方法は、プロピレンを間接的に水和させる方法です。しかし、この方法はエネルギーコストが高く、腐食性があり、公害の問題もあるため、アセトンの触媒水素化という、より効率的な方法が開発されました。このような生産技術の進歩は、より高い歩留まり率と高純度グレードの生産を可能にし、イソプロピルアルコールに新たな用途をもたらしました。

世界のイソプロピルアルコール市場の競合状況

イソプロピルアルコールの世界市場における主力企業は以下の5社となっており、市場全体の大半を占めています。

・The Dow Chemical Company

・Exxon Mobil

・Shell Chemicals Europe B.V.

・INEOS Enterprises Group Limited

・Super Chemical Technology Co. Ltd.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]