イオン交換樹脂市場、2027年に24億9,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

イオン交換樹脂の世界市場は、2021年に19億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.4%のCAGRで成長し、2027年には24億9,000万米ドル規模に達すると予想されています。

イオン交換樹脂は、ポリマー中の特定のイオンを溶液中のイオンと交換する能力を持つポリマーおよび不溶性基質です。このイオン交換は、材料に何ら手を加えることなく行なわれます。セルロース、土粒子、タンパク質、生体細胞などの天然物質がイオン交換の性質を有しています。イオン交換樹脂は、白色または黄色がかった小さな微粒子状になっています。これらのポリマーは、主に除染、分離、精製などのいくつかのプロセスに使用されています。

市場の動向

飲料水中の汚染物質、工場廃棄物、病原性微生物など、さまざまな汚染物質の存在により、水処理用のイオン交換樹脂の利用が急速に増加しており、イオン交換樹脂市場の主な成長要因の一つとなっています。これに加えて、工業化の進展に伴い、大気汚染を抑制するためのさまざまな対策が導入されており、世界中のイオン交換樹脂の需要を促進しています。このことは、市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、イオン交換樹脂は、砂糖の精製、MTBE触媒、液体グルコース、金やウランの採掘などでもますます使用されるようになっています。

主要な市場区分

イオン交換樹脂の世界市場は、タイプ、用途、地域に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・カチオン性樹脂

・アニオン系樹脂

・その他

用途別の市場区分

・脱塩、軟水化

・食品・飲料

・鉱業・冶金

・その他

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・欧州

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域がイオン交換樹脂の最大市場となっています。そのため、環境に対する関心が高まり、この地域全体で携帯用の水や電気の需要が増加しています。

市場の競合状況

イオン交換樹脂の世界市場における主要な企業としては、Lanxess、Mitsubishi Chemical Holdings、The Dow Chemical Company、Purolite、Thermax Ltd.、Ion Exchange (India) Ltd.、Resintech Inc.、Novasep Holding S.A.S、Samyang Corporation、Jiangsu Suqing Water Treatment Engineering Group Company Ltdなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]