ナースコールシステム市場、2027年に27億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のナースコールシステム市場は、2021年に16億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.6%のCAGRで成長し、2027年には27億2,000万米ドル規模に達すると予想されています。

ナースコールシステム(NCS)とは、緊急時に看護師や他の医療従事者に通報を発するために使用される電気的に作動する通信ソリューションのことを指します。このシステムは、看護師と患者の間の単一の連絡モードとして機能する集中ソリューションで構成されています。ボタン、アラーム、通信機器、ソフトウェアサービスなどのさまざまなコンポーネントを利用し、同期して動作することで、看護師がすぐに通報を受けることができます。患者や医師がボタンを押すことで、ナースデスクに呼び出しランプが点灯し、音が鳴る仕組みになっています。また、このシステムは、患者の健康状態を把握するための様々な監視システムと統合されています。医療機関が質の高い医療サービスを提供し、看護業務や活動を効果的に管理することを可能にします。

市場の動向

医療・ヘルスケア業界の大幅な成長は、市場に明るい展望をもたらす重要な要因の一つです。ナースコールシステムは、病院、外来手術センター、診療所、老人ホーム、介護施設などで緊急通報システムとして広く利用されています。このシステムは、看護師や医師の応答時間を短縮し、ワークフローの改善につながります。さらに、コロナウイルス(COVID-19)感染症が世界中に広がり続けているため、あらゆる医療機関においてNCSの需要が大幅に増加しています。合理的でカスタマイズされた通信のためのデジタルNCSの開発など、さまざまな技術的進歩も市場成長を促す要因となっています。医療機関では、患者、臨床医、介護士間の効果的な双方向通信を実現するために、ワイヤレスシステムを広く導入しています。また、統合廊下システム、スマートフォンアプリケーション、オーディオ/ビジュアル(AV)ソリューションが広く導入されていることも、市場成長の推進力となっています。その他、新興国を中心とした生活支援センターの増加や、公衆衛生を推進する政府の積極的な政策の実施などが、市場の成長に向けた原動力になることが予想されます。

主要な市場区分

世界のナースコールシステム市場は、技術、機器、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

技術別の市場区分

・有線システム

・無線システム

機器別の市場区分

・ボタンシステム

・インターホン

・移動体通信システム

・統合通信システム

アプリケーション別の市場区分

・緊急医療通報装置

・ワンダラー制御

・ワークフロー支援

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・外来外科センター

・老人ホーム・高齢者向け住宅

市場の競合状況

世界のナースコールシステム市場における主要な企業としては、AMETEK Inc.、Ascom Holding AG、Cornell Communications、Hill-Rom Services Inc.、Honeywell International Inc.、Intercall Systems、Nurse Call Systems、Jeron Electronic Systems Inc.、Johnson Controls、STANLEY Healthcare (Stanley Black & Decker Inc.), Systems Technologies、Vigil Health Solutions Inc.、West-Com Nurse Call System Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]