肥料添加剤市場、2027年に3億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の肥料添加剤市場は、2021年に28億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は2.54%のCAGRで成長し、2027年には33億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

肥料添加剤は、肥料の生産性を促進するために使用される成分です。肥料の粒状性を維持し、耐水性をもたらす固化防止コーティングを提供します。また、ダマやチリの発生を防ぎ、窒素、リン、カリウム、硫黄などの必須栄養素が失われるのを防ぐ役割も担っているため、世界的に需要が高まっています。

市場の動向

現在、世界人口の増加と急速な都市化により、世界的に食糧不足が深刻化しています。また、従来の農法や限られた耕作地での栽培による土壌の劣化に対する意識の高まりも、肥料添加剤市場の大きな成長要因の一つとなっています。肥料添加剤は、腐食防止剤、防塵剤、吸湿剤として使用され、マクロおよびミクロ栄養素の損失を抑制し、土壌の生産性を向上させることができるため、ますます利用されるようになってきています。さらに、湿度の高い気候条件による湿気を防ぐために、肥料の輸送や保管の際にも利用されています。加えて、温室効果ガス(GHG)の排出による環境への懸念が高まっていることから、各国の政府機関は、新しい付加価値を持つ肥料の使用や肥料添加物の利点について、農業従事者の意識を高めるためのさまざまな取り組みを行っています。また、各国政府は助成金や補助金を提供することによって、農業への支援を強化しており、これが、市場の成長を強化しています。その他、さまざまな技術革新の導入、尿素系肥料の需要の増加、農作物の生産性向上に対する意識の高まり、農業分野の発展などの要因も、市場成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

世界の肥料添加剤市場は、機能、形態、用途、地域に基づいて細分化されています。

機能別の市場区分

・ダストコントロール剤

・固化防止剤

・消泡剤

・疎水化剤

・腐食防止剤

・その他

形態別の市場区分

・顆粒状

・粉末状

用途別の市場区分

・尿素

・リン酸モノアンモニウム

・スーパーリン酸トリプル

・リン酸二アンモニウム

・硝酸アンモニウム

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・欧州

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

市場の競合状況

世界の肥料添加剤市場における主要な企業としては、Amit Trading Ltd、ArrMaz(Arkema S.A.)、BASF SE、Clariant AG、Corteva Inc.、Dorf-Ketal Chemicals India Private Limited、Holland Novochem B.V.、Hubei Forbon Technology Co Ltd、KAO Corporation、Michelman Inc.、Solvay S.A. 、Tolsa SAなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]