超崩壊剤市場、2027年に5億5,130万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の超崩壊剤市場は、2021年に3億6,170万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.45%のCAGRで成長し、2027年には5億5,130万米ドル規模に達すると予想されています。

超崩壊剤は、錠剤やカプセルをより小さな粒子に分割または崩壊させるために、医薬品の製剤に添加される改良型崩壊剤です。体内での薬物の吸収や医薬品有効成分(API)の溶解性を高めることで、崩壊時間の短縮や経口固形製剤の効率化を支援します。これらの物質は、固形製剤中に低レベルで利用され、一般に製剤単位の総重量に対して1-10%の重量で利用されます。現在、合成および天然のものがあり、心臓血管系、感染症、血液系、神経系、消化器系、炎症性疾患など多くの治療領域で使用されています。

市場の動向

現在、医薬品業界では固形製剤が大きな市場シェアを占めています。このことは、様々な加齢関連疾患や慢性疾患に苦しむ人々の増加と相まって、市場の成長を強化する重要な要因の一つとなっています。さらに、抗精神病薬、抗うつ薬、抗偏頭痛薬、鎮静剤などの口腔内崩壊錠(ODT)の製造に超崩壊剤が広く使用されており、業界の出資者に有利な成長機会を提供しています。これとは別に、高い互換性、バイオアベイラビリティの向上、効率的な圧縮性などの特徴が、超崩壊剤の需要を促進しています。さらに、主力企業は市場での競争力を維持するために、製品開発に多額の投資を行っています。加えて、厳しい規制により、製薬業界ではより安全な代替品の使用が推進されており、これが天然超崩壊剤の世界的な普及を後押ししています。その他、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生による遠隔医療の普及と相まって、神経系疾患の負担が増加していることも、市場の成長を後押しするものと予想されています。

主要な市場区分

超崩壊剤の世界市場は、製品、タイプ、剤形、治療分野に基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

・クロスカルメロースナトリウム

・クロスポビドン

・グリコール酸デンプンNa

・イオン交換樹脂

・変性セルロース

・その他

タイプ別の市場区分

・天然系超壊壊剤

・合成超崩壊剤

・その他

剤形別の市場区分

・錠剤・カプセル剤

・口溶けフィルム

治療分野別の市場区分

・消化器系

・循環器領域

・神経領域

・神経がん領域

・血液内科

・その他

市場の競合状況

超崩壊剤の世界市場における主要な企業としては、Asahi Kasei Corporation, Ashland Global Specialty Chemicals Inc., Avantor Inc., BASF SE, Corel Pharma Chem, DFE Pharma GmbH & Co. KG, DuPont de Nemours Inc., JRS Pharma GmbH & Co. KG, Merck KGaA, Nippon Soda Co. Ltd., Roquette Frères, Sigachi Industries Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]