マイクロカプセル化市場、2027年に160億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のマイクロカプセル化市場は、2021年に88億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.98%のCAGRで成長し、2027年には160億米ドル規模に達すると予想されています。

マイクロカプセル化とは、固体、液体、または気体の物質を微粒子にカプセル化するのに役立つ保護技術のことを指します。カプセル化された物質は一般に、物理的圧力、摩擦、拡散、壁面溶解、生分解など、さまざまな方法で放出されます。マイクロカプセル化には、従来の剤形と比較して、有効性の向上、毒性の低減、患者の服薬コンプライアンスと利便性の向上など、数多くの利点があります。これに加えて、薬物の作用を長持ちさせ、液体を固体化し、サーモクロミック混合物の安定性を向上させることもできます。そのため、マイクロカプセル化は世界中の最終用途産業で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

慢性疾患の蔓延による製薬業界の好況は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。マイクロカプセル化は、副作用の軽減、意図した部位へのターゲティングによる治療効果の向上、カプセル化された微粒子からの薬物放出制御などの目的で用途が拡大しています。これとは別に、薬物と外部環境との間にバリアを形成することで薬物の安定性を高め、粒子径を小さくすることで難溶性薬物の溶解性を向上させることにも役立っています。さらに、食品・飲料業界では、風味、色、食感を改善し、製品の保存期間を延ばすために機能性成分を採用しており、世界中で高機能マイクロカプセルの需要が拡大しています。これは、低コストで高い薬物充填効果を持つ噴霧乾燥技術の利点に起因しています。さらに、市場の主力企業は、技術効率を向上させるために研究開発(R&D)活動に継続的に資金を投入しており、これが市場に明るい展望をもたらしています。このほか、農薬産業でマイクロカプセル化技術が大幅に導入されていることも、世界市場の成長を後押しする要因になると予想されています。

主要な市場区分

世界のマイクロカプセル化市場は、コーティング材料、コアフォーム、技術、用途に基づいて細分化されています。

コーティング材料別の市場区分

・炭水化物

・ガムおよび樹脂

・脂質

・高分子

・タンパク質

コアフォーム別の市場区分

・固体

・液体

・気体

技術別の市場区分

・噴霧技術

・滴下技術

・エマルジョン技術

・塗布技術

・その他

用途別の市場区分

・医薬品・ヘルスケア

・ハウスホールドケア・パーソナルケア

・食品・飲料

・農薬

・建設

・繊維

・その他

市場の競合状況

世界のマイクロカプセル化市場における主要な企業としては、AVEKA Group、Balchem Inc.、BASF SE、Bayer AG、Capsulae、Cargill Incorporated、DuPont de Nemours Inc.、Encapsys LLC、Koehler Innovative Solutions、Koninklijke DSM N.V., Lycored、Reed Pacific、Syngenta Group (China National Chemical Corporation) 、TasteTechなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]