クラウド移行サービス市場、2027年に5,158億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のクラウド移行サービス市場は、2021年に1,360億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は25.02%のCAGRで成長し、2027年には5,158億米ドル規模に達すると予想されています。

クラウド移行サービスは、企業がアプリケーションやデータベースを従来の社内ITインフラからパブリッククラウドに移行するのを支援するサービスです。このサービスには、運用コストの最適化戦略、監視ツールの設定、社内チームへの知識の伝達などが含まれます。また、迅速な開発のための詳細なプロセス説明、継続的インテグレーションとデプロイメント(CI/CD)パイプラインの設計も含まれます。現在、世界中の企業が、柔軟性と拡張性の実現、俊敏性の向上、IT運用コストの削減、市場投入時間及びデジタル変革プロセスの短縮化のために、クラウド移行サービスを導入しています。

市場の動向

コロナ・パンデミックによってもたらされた経済的・経営的課題は、世界中の企業がクラウドを使用して主要なビジネスプロセスをデジタル化するよう促しています。これは、クラウドの導入および移行のスピード、パフォーマンス、セキュリティを向上させるクラウド移行サービスの需要を高める重要な要因の一つとなっています。また、教育機関では、遠隔教育を行うためにクラウド・コンピューティングを導入しています。さらに、医療機関は医療行為のセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスのニーズを満たすために、クラウドソリューションを導入しています。これは、疾病の増加により医療データ量が増加していることと相まって、市場に明るい展望をもたらしています。また、銀行、金融サービス、保険業界では、ハードウェアデータの移行や技術支援サービスを安全に提供するために、クラウド移行サービスが広く導入されるようになってきています。加えて、製造業では、インダストリー4.0規格に対応し、産業プロセスの近代化と自動化を図るために、これらのサービスを統合しています。建設活動の増加やオンラインショッピングの利用増加も、世界の電子商取引や不動産業界におけるクラウド移行サービスの用途を拡大させる要因となっています。

主要な市場区分

世界のクラウド移行サービス市場は、サービスタイプ、企業規模、導入形態、用途、業種に基づいて細分化されています。

サービスタイプ別の市場区分

・マネージドサービス

・プロフェッショナルサービス

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

導入形態別の市場区分

・パブリッククラウド

・プライベートクラウド

・ハイブリッドクラウド

用途別の市場区分

・プロジェクト管理

・インフラ管理

・セキュリティ・コンプライアンス

・その他

業種別の市場区分

・BFSI

・メーカー

・ヘルスケア・ライフサイエンス

・IT・通信

・消費財・小売

・政府・公共分野

・メディア・エンターテイメント

・その他

市場の競合状況

世界のクラウド移行サービス市場における主要な企業としては、Accenture plc、Amazon Web Services Inc. (Amazon.com Inc.)、Cisco Systems Inc.、DXC Technology Company、Flexera、Google LLC (Alphabet Inc.)、International Business Machines Corporation、Microsoft Corporation、Nippon Telegraph and Telephone Corporation、Oracle Corporation、Rackspace Technology Inc.、 VMware Inc. (Dell Technologies Inc.) などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]