骨・間接用健康成分市場、2027年に46億3,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の骨・間接用健康成分市場は、2021年に31億 9,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.29%のCAGRで成長し、2027年には46億3,000万米ドル規模に達すると予想されています。

骨・間接用健康成分とは、必須栄養素を豊富に含み、骨の成長を促進するために食品や飲料に添加されるハーブや天然抽出物、化合物を指します。この成分は主に、ウコン、ボスウェリア、タルトチェリー、卵殻膜、コンドロイチンなど、植物性および動物性の原料から得られるものです。これらの成分は、アミノ酸、カルシウム、コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチン、マグネシウム、ビタミンKおよびDを多く含んでいます。骨の構造基質を改善し、骨折のリスクを最小限に抑えるために、ソフトジェル、丸薬、粉末および液体ベースの医薬品、栄養補助食品に添加されます。また、関節炎やその他の一時的または慢性的な関節障害を予防するために、体内の関節の強度と柔軟性を向上させるのにも役立っています。

市場の動向

関節リウマチ、テニス肘、靭帯損傷などの整形外科疾患の有病率の増加は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、このような病気にかかりやすい老年人口が増加していることも、市場成長の推進力となっています。健康意識の高まりに伴い、大衆の間で栄養補助食品に対する需要が高まっています。スポーツ選手やフィットネス愛好家も、栄養不足、関節の劣化、それらに伴う身体の損傷を防ぐために、骨・関節用健康食品やスポーツ用サプリメントを広く利用しています。さらに、菜食主義者の要求に応える天然素材や有機素材を使用した骨・間接用健康成分の上市など、さまざまな製品イノベーションが市場の成長に寄与しています。その他、製薬業界の著しい成長、大衆の医療費負担の増加などが、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

世界の骨・間接用健康成分市場は、形態、タイプ、流通チャネル、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

形態別の市場区分

・ソフトジェル/ピル

・粉体

・液剤

タイプ別の市場区分

・ビタミン

・カルシウム

・コラーゲン

・グルコサミン

・オメガ3

・マグネシウム

・その他

流通チャネル別の市場区分

・薬局・薬店

・ヘルス&ビューティーストア

・専門店

・オンラインストア

・その他

用途別の市場区分

・健康補助食品

・機能性食品・飲料

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・男性

・女性

・高齢者

・その他

市場の競合状況

世界の骨・間接用健康成分市場における主要な企業としては、Amway Corp. (Alticor Inc.), Bioiberica S.A.U, Glanbia PLC, Herbalife Nutrition Ltd., Innophos Holdings Inc., Kappa Bioscience, Koninklijke DSM NV, NOW Foods, NutriGold Inc., Rousselot Inc. (Darling Ingredients), Waitaki Bio, William Reed Group Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]