工業用アルコール市場、2027年に1,995億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の工業用アルコール市場は、2021年に1,250億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8%のCAGRで成長し、2027年には1,995億米ドル規模に達すると予想されています。

工業用アルコールは、天然ガスや石油製品に化学物質をブレンドし、変更することで得られます。エチルアルコールからイソプロパノール、メタノール、グリセロールまで、さまざまな種類があります。中でもエチルアルコールは、揮発性、可燃性、無色透明で特有の臭いがあるため、食品・飲料業界ではアルコール飲料の製造に使用されています。また、イソプロパノールは抗菌性があることから、手拭きや消毒剤、手指消毒剤、スプレー式空気清浄機や超音波洗浄機などに広く使用されています。現在では、数社のメーカーが安定的に高品質の非遺伝子組み換え(GMO)、有機、その他の特殊アルコール製品を製造しています。

市場の動向

コロナウイルス(COVID-19)の蔓延や、病院、医療センター、公共の場における表面殺菌剤のニーズの高まりは、世界的に工業用アルコールの需要増加を促進しています。また、パンデミックの拡大を防ぐために手指消毒剤が広く使用されていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、製薬業界では、咳止め、ヨード液、充血除去剤、抗生物質などの医薬品のキャリアとして使用されています。また、慢性疾患の増加に伴い、医薬品や工業用アルコールの需要も高まっています。これとは別に、工業用アルコールはフレーバーやエキス、食用色素、キャンディ・グレーズ、イースト、スプレー、動物飼料サプリメントの製造に重要な役割を果たしています。そのため、コンビニエンスストアやパッケージ化された食品の新たなトレンドが市場を牽引しています。さらに、消臭剤、香水、コロン、ローション、洗口剤、石鹸、シャンプーなどの製剤にも利用されています。これは、個人の健康や衛生に対する関心の高まりと相まって、パーソナルケア産業における工業用アルコールの用途を世界的に拡大しています。

主要な市場区分

世界の工業用アルコール市場は、タイプ、原料、純度、加工方法、用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・イソプロピルアルコール

・メチルアルコール

・エチルアルコール

・イソブチルアルコール

・ベンジルアルコール

・その他

原料別の市場区分

・サトウキビ、バガス

・とうもろこし

・穀物

・糖蜜

・化石燃料

・その他

純度別の市場区分

・変性アルコール

・未変性アルコール

加工方法別の市場区分

・発酵

・合成

用途別の市場区分

・食品原料

・輸送用燃料・燃料添加物

・化学品中間体

・医薬

・パーソナルケア

・洗剤・洗浄剤

・その他

市場の競合状況

世界の工業用アルコール市場における主要な企業としては、Cargill Incorporated、Dow Inc.、Eastman Chemical Company、Exxon Mobil Corporation、Flint Hills Resources(Koch Industries Inc.)、Grain Processing Corporation(Kent Corporation)、Green Plains Inc.、Greenfield Global Inc.、Merck KGaA、MGP Ingredients Inc.、Univar Solutions Inc.、Wilmar International Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]