サイバー状況認識市場、2027年に1,243億米ドル規模到達見込み

市場の概要

サイバー状況認識(CSA)は、脅威と脆弱性に関する全体的かつ具体的な観察を促進するために利用される不可欠なコンポーネントです。CSAは、情報をリアルタイムで検出、管理、理解することで、ヒューマンエラーを低減することを可能にします。センサー、カメラ、ジャイロスコープ、ディスプレイ、通知装置、全地球測位システム(GPS)などが含まれます。現在、サイバー状況認識は、航空、自動車、防衛、通信、航空宇宙など、あらゆる産業で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

サイバー攻撃やオンライン詐欺の事例が増加していることは、サイバー状況認識市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。これに伴い、COVID-19パンデミックの蔓延と、それに伴う在宅勤務(WFH)制度の世界的な導入により、組織におけるデータセキュリティの脆弱性が顕著となり、効果的なCSAソリューションおよびツールの必要性が高まっています。情報技術(IT)業界では、ストレージインフラを分析し、データ侵害のリスクを排除するためにCSAの利用が拡大しており、これも市場成長を促す大きな要因となっています。さらに、CSAは銀行、金融サービス、保険分野で幅広く活用されており、財務や取引に関する重要な情報を積極的に監視し、リアルタイムの情報に基づいたタイムリーな意思決定プロセスに役立っています。これに加えて、各国の規制当局が商業・産業インフラ強化のために実施している数々の厳しい規制が、市場の成長にプラスの影響を与えています。その他、各分野におけるデジタル化の進展、職場におけるBYOD(Bring Your Own Device)の浸透、大規模な研究開発活動、重要データの保存・管理におけるクラウドベースのプラットフォームの利用拡大などの要因が、世界市場のさらなる成長を後押ししています。

世界のサイバー状況認識市場は、ソリューションタイプ、コンポーネント、導入形態、企業規模、業種に基づいて細分化されています。

ソリューションタイプ別の市場区分

・ネットワークフォレンジック

・ネットワークトラフィック解析

・DNS脅威分析

・ネットワークの検出と応答

・ネットワークパフォーマンスの監視と診断

・侵入検知システム

・侵入防御システム

・その他

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

業種別の市場区分

・BFSI

・軍事・防衛

・ヘルスケア

・航空宇宙

・海上警備

・自動車

・鉱業・石油・ガス

・IT・通信

・官公庁

・エネルギー・公共事業

・その他

市場の競合状況

世界のサイバー状況認識市場における主要な企業としては、Cyware, DXC Technology, Field Effect Software Inc., Firemon LLC, Honeywell International Inc., International Business Machines Corporation, Lynx Technology Partners LLC., Marklogic Corporation, Microsoft Corporation, The Mitre Corporation, Vehere Inc., Verintなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]