農場管理ソフトウェア市場、2027年に43億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の農場管理ソフトウェア市場は、2021年に23億米ドルの規模に達しました。今後、2027年には43億米ドル規模に達し、2022年から2027年にかけて11.4%のCAGRを示すと予測されています。

農場管理ソフトウェアは、農業従事者の日常業務の管理を支援します。農場データの記録と保存を自動化し、農場の活動や消費を監視・分析し、事業費や農場予算を追跡します。また、会計プログラム、農場計画、調達機能、マーケティングおよび予算編成ツールによる農場の財務管理も提供します。さらに、農場の生産活動やオペレーションを一元化し、管理、最適化することも可能です。農家が日々の農作業を戦略的かつ効率的に行うことができるようになるため、農場管理ソフトウェアの需要は世界中で高まっています。

市場の動向

世界人口の増加により、世界中で食糧が大幅に不足しています。これは、コロナウイルス(COVID-19)感染症の発生によりサプライチェーンに生じた混乱と相まって、農場管理ソフトウェアの需要を喚起する重要な要因の一つとなっています。これは、効率的な作物の成長と動物の健康を支援するための予測的な分析と洞察に満ちた分析結果を提供します。また、熟練労働者や耕作地の不足が深刻化しており、作物収量を最適化するための生産的でデータに基づいて導き出された知見の必要性に大きな影響を及ぼしています。さらに、環境問題の高まりにより、多くの国の政府機関が農薬の使用に厳しい規制を課しており、生産性と投資収益率(ROI)を向上させるための農場管理ソフトウェアの販売に対して、世界的に好影響を与えています。さらに、主要な市場参加者は、全体的な生産性を強化した効果的なドローンを導入するために、研究開発(R&D)活動に継続的に資金を投入しています。これは、クラウドコンピューティングとモノのインターネット(IoT)の統合などの技術的進歩の高まりとともに、市場成長に向けた推進力になると予想されています。

主要な市場区分

世界の農場管理ソフトウェア市場は、農業タイプ、導入形態、サービスに基づいて細分化されています。

農業タイプ別の市場区分

・精密農業

・家畜モニタリング

・スマート温室

・魚の養殖

・その他

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

サービス別の市場区分

・システムインテグレーション・コンサルティング

・保守・サポート

・マネージドサービス

・アシストプロフェッショナルサービス

市場の競合状況

世界の農場管理ソフトウェア市場における主要な企業としては、Ag Leader Technology、AGCO Corporation、AgJunction Inc.、AGRIVI、Corteva Inc.、Dere & Company、DeLaval、Microsoft Corporation、Raven Industries Inc. (CNH Industrial N.V.)、RELX Group plc、Syngenta (China National Chemical Corporation)、The Climate Corporation (Bayer AG)、Topcon Corporation、Trimble Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]