神経科学市場、2027年に412億4,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の神経科学市場は、2021年に322億2,000万米ドルの規模に達しました。今後、2027年には412億4,000万米ドル規模に達し、2022年から2027年にかけて3.80%のCAGRを示すと予想されています。

神経科学は、脳や神経系を研究する科学であり、細胞生物学、分子生物学、生理学、解剖学、人間の行動や認知など、他の学問分野と密接に関連する学際的な科学です。神経科学は、脳の解剖学的構造、神経学的・身体的・心理学的機能に関する貴重な知見を提供します。また、神経学者が様々な要因を理解することで、多くの神経疾患の治療や予防のための薬剤や戦略の開発に役立てることができます。現在、研究者や神経科学者は、疾患経路の理解、疾患の早期診断、認知プロセスの理解に関わる神経ネットワークの特定に、高度な画像技術を導入するようになっています。

市場の動向

パーキンソン病、アルツハイマー病、統合失調症、その他の脳関連疾患など、さまざまな神経疾患による死亡者数の増加が、市場成長の主な要因となっています。また、神経画像診断装置の需要の高まりや、現在進行中の脳マッピングの研究調査プロジェクトも、市場成長を推進する主な要因となっています。さらに、各国の政府は、神経疾患や利用可能な治療オプションに関する認識を広めるために、積極的な取り組みを行っています。また、神経疾患の診断における顕微鏡、光遺伝学、磁気共鳴画像装置(MRI)、電気生理学の利用が増加していることも、市場の成長を押し上げています。さらに、主要企業は、製品ポートフォリオを拡大し、競争力を得るために、効率性と患者のコンプライアンスを向上させる革新的な医療機器の開発を進めています。加えて、MRIや神経顕微鏡に加え、他のイメージング機器を併用することで、従来の単体のイメージング機器と比較して、高度な神経科学機器の利点に関する認識が高まっていることも、市場成長を後押ししています。その他、研究開発(R&D)活動に対する政府による出資額の急増、神経科学および神経技術分野の進歩、医療費の増加、老年人口の増加、医療インフラの改善などの要因も、市場成長に推進力を与えています。

主要な市場区分

神経科学の世界市場は、コンポーネント、テクノロジー、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

・機器および消耗品

・ソフトウェアおよびサービス

テクノロジー別の市場区分

・脳画像診断

・神経顕微鏡

・電気生理解析

・ニューロプロテオーム解析

・動物行動解析

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・診断機関

・研究・学術機関

・その他

市場の競合状況

神経科学の世界市場における主要な企業としては、Alpha Omega Engineering、Biobserve GmbH、Blackrock Neurotech、Doric Lenses Inc.、General Electric Company、Kernel、Laserglow Technologies、Mightex Systems、NeuroNexus Technologies Inc.、Noldus Information Technology B.V、Plexon Inc.、Prizmatix Ltd、Siemens AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]