心血管デバイス市場、2027年に779億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の心血管デバイス市場は、2021年に513億4,000万米ドルの規模に達しました。今後、市場は2027年に779億2,000万米ドルの規模に達し、2022年から2027年の間に6.70%のCAGRを示すと予想されています。

心血管デバイスは、心臓病や関連する健康問題の診断と治療に使用されるさまざまな医療機器を指します。このデバイスは、疾患のモニタリングや外科的介入を支援するために設計されています。一般的に使用される心血管デバイスには、ステント、心臓弁、グラフト、カテーテル、心電図(ECG)、遠隔心臓モニタリング、心臓補助装置などがあります。心血管デバイスは、生命を脅かす状態に効果的に対処し、患者の不快感を最小限に抑え、生活の質を向上させるのに役立つため、医療業界全体で幅広い用途が見いだされています。現在、メーカーは高度な埋め込み型心血管デバイスの開発に注力しており、世界中でその需要が拡大しています。

市場の動向

座りがちなライフスタイル、不健康な食習慣、喫煙や飲酒などの習慣による心血管疾患(CVD)の蔓延が、市場の成長を促す主な要因となっています。また、高齢者は慢性的な心臓疾患にかかりやすいため、老年人口の増加も市場成長の推進要因となっています。さらに、在宅医療機器の導入が大幅に増加しています。加えて、患者の移動が可能で、同時にリアルタイムのデータを提供する小型の心血管デバイスに対するニーズの高まりが、製品需要を拡大しています。また、主要企業は研究開発(R&D)活動に注力し、高度な技術と機能を統合した革新的な製品を発売しており、市場の成長に寄与しています。さらに、大衆間での利用可能な心血管デバイスに関する認知度の高まりと相まって、低侵襲(MI)手術への志向の変化が製品導入率を加速しています。その他、ワイヤレスECGの発売、継続的な在宅モニタリングの需要の高まり、技術の進歩なども、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の心血管デバイス市場は、デバイスタイプ、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

デバイスタイプ別の市場区分

診断・モニタリングデバイス

・心電図(ECG)

・遠隔心臓モニタリング

・その他

治療・手術用デバイス

・心拍管理(CRM)機器

・カテーテル

・ステント

・心臓弁

・その他

アプリケーション別の市場区分

・冠動脈疾患(CAD)

・不整脈

・心不全

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・専門クリニック

・その他

市場の競合状況

世界の心血管デバイス市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories, B. Braun Melsungen AG, Biotronik, Boston Scientific Corporation, Canon Medical Systems Corporation, Cardinal Health Inc., Edwards Lifesciences Corporation, General Electric Company, LivaNova PLC, Medtronic PLC, Siemens Healthineers GmbH (Siemens AG), Terumo Cardiovascular Systems Corporation (Terumo Corporation) などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]