粉末冶金市場、2027年に46億3,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の粉末冶金市場は、2021年に25億8,000万米ドルの規模に到達しました。今後、2027年には46億3,000万米ドル規模に達し、2022年から2027年にかけて9.80%のCAGRを示すと予想されています。

粉末冶金(PM)は、さまざまな材料の合成、加工、成形を含む高度なプロセス群を指します。また、金属粉末と補強材粉末の混合、粉末成形によるグリーンマテリアルの製造、焼結からなり、一般的にはこれに熱間押出などの変形工程が続きます。切粉の排出を最小限に抑え、スクラップの損失を減らすことができるため、航空宇宙産業やエレクトロニクス産業など、幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

自動車産業の好調は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、鋳造法では困難な高融点材料の製造が可能であることから、高融点材料の製造に使用されています。そのため、ハードウェア、洗濯機、電動工具、複写機や郵便料金計、狩猟用ナイフ、油圧アセンブリ、燃料電池、X線遮蔽、石油・ガス掘削の坑口部品などに使用されています。これとは別に、PMは体液の輸送に適しているため、骨組織とインプラントの密着性を高める多孔質インプラントの製造に利用されています。これは、3Dプリンティングやアディティブ・マニュファクチャリング(AM)の導入が進むとともに、市場にプラスの影響を及ぼしています。さらに、PMは導電性と高い強度と加工性を有するため、電気モジュールのパッケージング、電子技術、自動車の車体構造、風力、太陽エネルギー管理におけるアルミニウム合金の用途も増加しています。加えて、この業界で活動する市場関係者は、全体の売上と収益を拡大するために、研究開発(R&D)活動に多額の投資を行っています。その他、市場の成長を促進する要因として、技術の進歩や世界的な航空機利用者の増加などが挙げられます。

主要な市場区分

世界の粉末冶金市場は、タイプ、材料、製造プロセス、アプリケーションに基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・鉄

・非鉄

材料別の市場区分

・チタン

・鉄

・ニッケル

・アルミ

・その他

製造プロセス別の市場区分

・アディティブ・マニュファクチャリング

・粉体ベッド

・ブローパウダー

・金属射出成形

・粉末冶金熱間等方圧加圧法

・その他

アプリケーション別の市場区分

・自動車

・航空宇宙

・電気・電子

・石油・ガス

・その他

市場の競合状況

世界の粉末冶金市場における主要な企業としては、BASF SE, Carpenter Corporation, Catalus Corporation, Comtec Mfg.Inc., Fine Sinter Co. Ltd., Horizon Technology Inc., Melrose Industries PLC, Perry Tool & Research Inc., Phoenix Sintered Metals LLC, Precision Sintered Parts LLC, Sandvik AB, Sumitomo Electric Industries Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]