データセンターチップ市場、2027年に141億1,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のデータセンターチップ市場は、2021年に95億6,000万米ドルの規模に達しました。今後、2027年には141億1,000万米ドルの規模に達し、2022年から2027年の間に6.40%のCAGRを示すと予想されています。

データセンターは、企業が物理データや仮想データを取得、保存、処理するために使用する集約された施設です。データセンターは、電力供給装置、スイッチ、サーバー、チップ、ファイアウォールなどで構成されています。GPU(Graphics Processing Unit)、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)、CPU(Central Processing Unit)、FPGA(Field-Programmable Gate Array)などは、一般的に使用されているデータセンターチップの一部です。データセンターチップは、通常、データセンター内のサーバーエリアにある重要なコンポーネントです。エネルギー効率、拡張性、柔軟性を向上させ、運用性や生産性を高めるのに役立ちます。そのため、データセンターチップは、製造業、運輸業、情報技術(IT)・通信業、銀行・金融サービス・保険業など、さまざまな業界で広く使用されています。

市場の動向

クラウドコンピューティングとデータストレージソリューションの導入が企業間で進んでいることが、市場に明るい展望をもたらしています。プライベートサーバーからの継続的なデータ転送や、自律走行車、仮想現実(VR)システム、パーソナルコンピューター(PC)などの接続デバイスの統合に伴い、大量に発生するデータを管理するデータセンターの必要性が高まっています。また、メモリチップやプログラマブルソリューションの急速な技術革新により、大量のデータへのアクセスが大幅に改善され、接続機器やデータセンターの性能が向上し、市場成長に拍車をかけています。さらに、第4世代(4G)および第5世代(5G)ネットワークの登場や、モノのインターネット(IoT)技術の大規模な統合も、市場成長に寄与しています。これに伴い、公共料金メーター、ホームセキュリティ、ナビゲーションシステムなどのスマートコンピューティングデバイスの需要が高まっていることも、市場成長に好影響を及ぼしています。その他、通信インフラの大幅な改善や、データセンターのローカライズに関するさまざまな政府によるイニシアチブの実施なども、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

データセンターチップの世界市場は、チップタイプ、データセンター規模、業種に基づいて細分化されています。

チップタイプ別の市場区分

・GPU

・ASIC

・FPGA

・CPU

・その他

データセンター規模別の市場区分

・中小規模

・大規模

業種別の市場区分

・BFSI

・製造業

・政府機関

・IT・通信

・小売

・運輸

・エネルギー・公益事業

・その他

市場の競合状況

データセンターチップの世界市場における主要な企業としては、Achronix Semiconductor Corporation, Advanced Micro Devices Inc., Arm Limited, Broadcom Inc., Fujitsu Limited, GlobalFoundries Inc., Huawei Technologies Co. Ltd., Intel Corporation, Marvell Technology Inc., Nvidia Corporation, Taiwan Semiconductor Manufacturing Company Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]