動物用内視鏡検査市場、2027年に2億7,370万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の動物用内視鏡検査市場は、2021年に1億9,780万米ドルの規模に達しました。今後、2027年には2億7,370万米ドル規模に達し、2022年から2027年にかけて5.6%のCAGRを示すと予想されています。

動物用内視鏡検査は、内視鏡を導入してペットや動物の内臓を検査する医療行為を指します。内視鏡は、ビデオカメラを取り付けた柔軟なチューブで、動物の口や大腸から胃の中に挿入されます。異常な腫れや炎症、閉塞、潰瘍などの診断に広く利用されています。動物用内視鏡検査では、軟性内視鏡、ビデオ内視鏡、光ファイバー内視鏡、硬性内視鏡、ロボット内視鏡が使用されます。痛みや不快感が最小限に抑えられ、リスクも低いため、ペットクリニックや動物病院、学術研究機関などで広く実施されています。

市場の動向

ペットの感染症が世界的に増加していることは、市場の成長を推進する重要な要因の一つです。動物用内視鏡検査は、ブルセラ病、口蹄疫、牛海綿状脳症、炭疽病など、さまざまな病気の診断やモニタリングに広く利用されています。また、病気の検査・診断・予防に利用できる代替手段に対する認識が高まっていることも、市場成長の推進力となっています。さらに、ポリープ、腫瘍、胃腸出血を診断するためのカプセル内視鏡の開発など、さまざまな技術革新が市場の成長を後押ししています。カプセル内視鏡検査は、ワイヤレスカメラで構成された小型カプセルを飲み込み、内臓の画像を撮影・送信するものです。従来から行われている処置と比較すると、苦痛がなく、鎮静剤を必要とせず、合併症も少ないという特徴があります。また、ペット保険が手軽に利用できるようになったことや、家畜の飼育数が増加していることなども、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

世界の動物用内視鏡検査市場は、製品、動物の種類、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

・カプセル型内視鏡

・軟性内視鏡

・硬性内視鏡

・ロボットアシスト内視鏡

動物の種類による市場区分

・ペット

・家畜

エンドユーザー別の市場区分

・動物病院

・学術機関

・その他

市場の競合状況

動物用内視鏡検査市場における主要な企業としては、Avante Health Solutions, B. Braun Melsungen AG, Biovision Veterinary Endoscopy LLC, Dr. Fritz Endoscopes GmbH, Eickemeyer Veterinary Equipment Ltd., FUJIFILM Corporation, Karl Storz SE & Co. KG, Olympus Corporation, PENTAX Medical, Richard Wolf GmbH and Steris Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]