通信クラウド市場、2027年に884億3,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の通信クラウド市場は、2021年に270億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は20.70%のCAGRで成長し、2027年には884億3,000万米ドル規模に達すると予想されています。

通信クラウドとは、通信業界において、従来の機械ベースの固定電話サービスからクラウドコンピューティングサービスへの移行を定義するために使用される用語です。ネットワークリソースの効率的な利用を可能にし、予測不可能なデータ増加を管理するための無制限のネットワーク容量を提供し、より優れた顧客体験を提供します。また、管理作業やサービスプロバイダーとのやり取りを最小限に抑えながら、技術面および収益面で即効性のある ビジネス価値を提供します。さらに、ストレージ、サーバー、ネットワークの仮想化を促進し、インフラのコストを削減し、リソースを効率的に共有することができます。近年、通信クラウドソリューションは、銀行、金融サービス、保険、医療、小売、メディア・エンターテインメント、製造、政府、運輸など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向

通信クラウドは、通信事業者のインターネットへの移行を可能にし、企業が世界中と接続するための高額なハードウェアを不要にしました。そのため、企業の間では、ビジネスの俊敏性や業務効率を高めるためにクラウドサービスの需要が高まっており、これが市場成長の主な要因となっています。また、企業における通信クラウドに対する意識の高まりや、通信クラウドの導入による運用・管理コスト削減の効果も、製品需要の増加に寄与しています。さらに、近年のコロナウイルス(COVID-19)感染症の発生により、在宅勤務やオンライン教育が大幅に拡大しました。これに伴い、データ消費の増加やオーバー・ザ・トップ(OTT)クラウドサービスの需要の高まりが、市場の成長を促進しています。さらに、主要企業数社が業務用Webリアルタイム通信(WebRTC)ソリューションやサービスの導入に注力し、コストパフォーマンスが高く使いやすいブラウザベースの通信ソリューションに対する需要の増加に応えています。その他、デジタル化の進展、仮想環境に対するニーズの高まり、インターネットやスマートフォンの普及率の向上、リッチメディアコンテンツに対する需要の高まり、技術の進歩なども、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の通信クラウド市場は、タイプ、コンピューティングサービス、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・パブリッククラウド

・プライベートクラウド

・ハイブリッドクラウド

コンピューティングサービス別の市場区分

・SaaS

・IaaS

・PaaS

アプリケーション別の市場区分

・コンピューティング

・データストレージ

・アーカイビング

・エンタープライズアプリケーション

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・小売

・製造業

・運輸・流通

・ヘルスケア

・政府機関

・メディア・エンターテイメント

・その他

市場の競合状況

世界の通信クラウド市場における主要な企業としては、Amazon Web Services Inc. (Amazon.com Inc.), BT Group plc, China Telecom Corporation Limited, Dell Technologies Inc., Deutsche Telekom AG, Google LLC, International Business Machines Corporation, Microsoft Corporation, Nippon Telegraph and Telephone Corporation, Oracle Corporation, Singapore Telecommunications Limited, Telefonaktiebolaget LM Ericsson, Telstra Corporation Limited, Telus Corporation, Verizon Communications Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]