光学コーティング市場、2027年に215億米ドル規模到達見込み

市場の概要

光学コーティングの世界市場は、2021年に137億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.50%のCAGRで成長し、2027年には215億米ドル規模に達すると予想されています。

光学コーティングは、光学システムの透過および反射特性を強化するために干渉効果を生み出す薄膜層の組み合わせです。S偏光、P偏光、ランダム偏光など、特定の入射角と光の偏光に合わせて設計されており、光干渉により光の反射と透過を制御します。光学コーティングは、ゴーストを低減し、幅広い波長領域で反射率を最大化するため、レインセンサー、ヘッドライトレンズシステム、照明用反射板、リアビューミラー、モーションセンサー、カメラシステムなど、世界中で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

光学コーティングは、高速熱処理における高温度勾配や高熱伝導率に耐えるため、その利用が増加しています。このことは、電子・半導体業界の急成長とともに、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、安全で便利なドライブのための高度なカーエレクトロニクスシステムに対する需要の高まりが、市場の成長を促しています。さらに、保温やエネルギー消費の削減を目的としたグリーンビルディングにおいて、光学コーティングの採用が増加しています。これは、世界的なポータブル家電の販売増加と相まって、市場にプラスの影響を及ぼしています。このほか、太陽光発電パネル、自動車用ディスプレイ、窓、全地球測位システム(GPS)の構築における反射防止(AR)製品の使用が世界中で増加しており、エンドユーザーに有利な成長機会を提供しています。さらに、主要な市場企業は、新製品開発、合併買収(M&A)、コラボレーションに注力し、全体的な収益の拡大に寄与しています。その他の市場成長要因としては、代替エネルギー源の開発や、各国政府による太陽エネルギー発電への多額の投資などが挙げられます。

主要な市場区分

光学コーティングの世界市場は、タイプ、技術、最終用途産業に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・反射防止コーティング

・反射コーティング

・フィルター用コーティング

・導電性コーティング

・エレクトロクロミックコーティング

・その他

技術別の市場区分

・真空蒸着

・電子ビーム蒸着

・スパッタリングプロセス

・イオンアシスト蒸着

・その他

最終用途産業別の市場区分

・電子・半導体

・航空宇宙・防衛

・自動車・輸送機器

・通信

・建設・インフラ

・太陽光発電

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

光学コーティングの世界市場における主要な企業としては、Abrisa Technologies、Artemis Optical Limited、Carl Zeiss AG、DuPont de Nemours Inc.、Edmund Optics Inc.、Inrad Optics Inc.、Materion Corporation、Newport Corporation(MKS Instruments Inc.)、Nippon Sheet Glass Co. Ltd.、PPG Industries Inc.、Reynard Corporation、Schott AG、Zygo Corporation (Ametek Inc.)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]