ジャックハンマー市場、2027年に6億1,010万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のジャックハンマー市場は、2021年に4億3,750万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.40%のCAGRで成長し、2027年には6億1,010万米ドル規模に達すると予想されています。

ジャックハンマーは、舗装、コンクリート、岩石を破壊するために使用される電気機械式の工具であり、パイルドライバー、バルブ、ドリルビットを装備した打撃式の削岩機です。市場で一般的に入手可能なジャックハンマーの種類としては、油圧式、電気式、空気圧式があります。従来のハンドヘルドハンマーと比較すると、耐久性があり、より速く、メンテナンスが少なくて済み、作業者が要求される握力と労力を最小限に抑えることができます。

市場の動向

ジャックハンマーの世界市場は、主に建設分野の著しい成長によって牽引されています。これに伴い、民間および公的機関による商業施設や住宅などのインフラ開発プロジェクトへの投資が増加していることが、市場成長に弾みをつけています。これに伴い、多くの国々で鉄道の線路やトンネル、高架橋の建設活動が活発化していることも、市場の成長に寄与しています。さらに、継続的に技術が進歩していることも、市場成長にプラスの影響を与えています。また、耐衝撃ハンドルなど、ジャックハンマーの高度な機能が広く統合されていることも、市場の推進要因として作用しています。さらに、採掘や井戸掘削にジャックハンマーが広く使用されていることも、世界市場に明るい展望をもたらしています。その他の市場成長要因としては、急速な業務化や、改良型製品の導入のために主要企業が行っている広範な研究開発(R&D)活動などが挙げられます。

主要な市場区分

ジャックハンマーの世界市場は、タイプ、用途、地域に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・空気圧式

・電気式

・油圧式

用途別の市場区分

・建設機械

・鉱業

・トンネル掘削

・井戸掘削

地域別の市場区分

・北アメリカ

・中南米

・欧州

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

ジャックハンマーの世界市場における主要な企業としては、Atlas Copco AB、Einhell Germany AG、Hilti Corporation、INDECO ind S.p.a.、Koki Holdings Co. Ltd.、Makita Corporation、Robert Bosch GmbH、Stanley Black & Decker Inc.、Techtronic Industries Co. Ltd.、TR Industrialなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]