眼圧計市場、2027年に4億4,400万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の眼圧計市場は、2021年に3億2,220万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.4%のCAGRで成長し、2027年には4億4,400万米ドル規模に達すると予想されています。

眼圧計は、眼球内の眼圧や液圧を測定するために使用される携帯型医療機器を指します。金属製のプランジャーと先端の平らなプローブで構成され、眼球の表面に軽く押し当てます。緑内障は、視神経を損傷し、重症の場合は視力を失う可能性があるため、その危険性のある患者の診断と評価に使用されます。眼圧計は、フルオレセイン染料や局所麻酔を必要とせず、感染症や角膜擦過傷のリスクも少ないことから、広く普及しています。そのため、病院や眼科クリニック、眼科センターなどで広く使用されています。

市場の動向

大衆の間で緑内障の有病率が増加していることは、市場成長を促進する重要な要因の一つです。また、老年人口や糖尿病人口の増加により、眼に関連する障害が発生しやすくなっていることも、眼圧計の需要増加に寄与しています。また、医療施設において眼圧計が広く導入されていることも、市場成長の原動力となっています。この検査は、角膜の一部を一時的に平らにするのに必要な力の大きさを測定するもので、眼圧の評価に広く利用されています。これに加えて、リバウンド眼圧測定の開発が市場成長に好影響を与えています。リバウンド眼圧測定は、小児や障害を持つ患者に適しており、角膜のさまざまな位置での測定を支援します。また、視力低下を防ぐための定期的なモニタリングや過剰な眼圧を早期に診断することの利点に関する患者の意識の高まりや、眼科検診キャンプや緑内障スクリーニングプログラムの増加などの要因が、市場の成長に向けた推進力となることが予想されています。

主要な市場区分

眼圧計の世界市場は、タイプ、技術、携帯性、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・直接型

・間接型

技術別の市場区分

・圧平眼圧測定

・圧入眼圧測定

・リバウンド眼圧測定

・その他

携帯性による市場区分

・デスクトップ

・ハンドヘルド

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・眼科

市場の競合状況

眼圧計の世界市場における主要な企業としては、66 Vision Tech Co. Ltd. (Yuwell-Jiangsu Yuyue Medical Equipment & Supply Co. Ltd.), AMETEK Inc., Canon Inc., Haag-Streit Group (Metall Zug AG), Keeler Ltd. (Halma plc), Kowa American Corporation (Kowa Company Limited), Nidek Co. Ltd., Revenio Group Oyj, Rexxam Co. Ltd., Tomey Corporation, Topcon Corporation, Ziemer Ophthalmic Systems AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]