極低温バルブ市場、2027年に24億3,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

極低温バルブの世界市場は、2021年に18億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.3%のCAGRで成長し、2027年には24億3,000万米ドル規模に達すると予想されています。

極低温バルブは、空気分離、化学、液化天然ガス(LNG)プラントで利用されるように設計されています。高圧の状態で開き、圧力が下がるまでガスの自由な流れを可能にします。また、外部からの熱の侵入を抑え、パッキン押さえの温度を0℃以上に保ち、ステムやボンネット上部の凍結・霜付きを防止することができます。現在では、さまざまな圧力範囲で機能するように、多種多様な形状やサイズのものが広く出回っています。

市場の動向

石油・ガス産業における極低温バルブの利用が大幅に増加していることは、市場の成長を強化する重要な要因の一つです。これは、石油生産活動の回復が進んでいること、そして世界の石油化学製品の生産能力が向上していることにも起因しています。極低温バルブは、極低温ガスを安全かつ効率的に貯蔵・輸送するために使用されます。このバルブは、主に-196℃の低温下での圧力保護と緊急停止に適した設計になっています。これとは別に、極低温バルブは高性能で比較的安価であり、食品の色、味、風味に影響を与えることはありません。そのため、食品・飲料(F&B)業界において採用が進んでいます。このことは、急成長している食品・飲料業界と相まって、市場の成長を支えています。さらに、極低温ガスは医療業界における冷凍手術に広く利用されており、世界の極低温バルブの売上にプラスの影響を与えています。このほか、世界各地のロックコンサートや劇場のステージで製品が使用されていることも、市場成長の原動力となっています。

主要な市場区分

極低温バルブの世界市場は、製品、ガス、最終用途用産業に基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

・ボールバルブ

・チェックバルブ

・ゲートバルブ

・グローブバルブ

・その他

ガス別の市場区分

・液体窒素

・液体ヘリウム

・水素

・酸素

・その他

最終用途産業別の市場区分

・化学

・石油・ガス

・エネルギー・電力

・食品・飲料

・医療

・その他

市場の競合状況

極低温バルブの世界市場における主要な企業としては、Bac Valves、Bray International Inc.、Cryofab、Emerson Electric Co.、Flowserve Corporation、Habonim、Herose GmbH、L&T Valves Limited (Larsen & Toubro Limited)、Parker-Hannifin Corporation、Powell Valves、Samson Aktiengesellschaft、Schlumberger Limited、The Weir Group PLC、Velan Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]