エポキシ硬化剤市場、2027年に52億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のエポキシ硬化剤市場は、2021年に39億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.9%のCAGRで成長し、2027年には52億米ドル規模に達すると予想されています。

エポキシ硬化剤は、エポキシ基と反応したり、触媒作用によってエポキシ基の自己重合を生成したりすることで、エポキシ樹脂を硬化させるために広く利用されています。接着性、機械的強度、電気絶縁性、耐薬品性に優れています。一般的に使用されるエポキシ硬化剤には、アミン、ポリアミド樹脂、3級・2級アミン、イミダゾール、ポリメルカプタン硬化剤、無水物などがあります。現在、エポキシ硬化剤には、硬化性や作業性を向上させるために、希釈剤、カップリング剤、充填剤などが混合されています。

市場の動向

現在、世界各地の建設業界において、エポキシ硬化剤の利用が増加しています。これは、軽量複合材料の著しい発展とともに、市場の成長を後押しする重要な要因の一つとなっています。また、エポキシ硬化剤は、世界中の機械、航空宇宙、自動車、生物医学、海洋、および製造業において広範な用途が見出されています。これは、高い耐久性、剛性、曲げ強度、減衰特性、耐摩耗性、耐腐食性、耐衝撃性、耐火性に起因するものです。さらに、個人の一人当たり所得の増加や、農村部から都市部への人口移動の増加により、世界中で住宅建設が活発化しています。また、スマートフォンや車載用電子機器などのエレクトロニクス製品の需要も拡大しており、市場を牽引しています。さらに、環境への関心の高まりから、主要な市場参加者は既存の消費者層と全体の売上を拡大するために、環境に優しいエポキシ硬化剤の開発に注力しています。これにより、市場に明るい展望がもたらされると予想されます。

主要な市場区分

世界のエポキシ硬化剤市場は、製品タイプ、アプリケーション、エンドユーザーによって細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

・アミン

・ポリアミド

・無水物

・その他

アプリケーション別の市場区分

・複合材料

・塗料・コーティング

・接着剤・シーラント

・電気・電子

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・建築・建設

・運輸

・風力発電

・航空宇宙

・海洋

・その他

市場の競合状況

世界のエポキシ硬化剤市場における主要な企業としては、Aditya Birla Management Corporation Pvt. Ltd., Atul Ltd., BASF SE, Cardolite Corporation, Cargill Incorporated, Evonik Industries AG, Hexion Inc., Huntsman Corporation, Kukdo Chemical Co. Ltd., Mitsubishi Chemical Holdings Corporation, Olin Corporation, Toray Industries Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]