イソフィトール市場、2027年に6億6,540万米ドル規模到達見込み

市場の概要

イソフィトール(C20H40O)は、無色透明の粘性のある液体で、遷移金属触媒によるマロン酸エステルのミルセンへの付加反応によって製造されます。香水、クリーム、ローション、シャンプー、石鹸などの美容・パーソナルケア製品の香料成分として広く利用されています。また、加工野菜、ソース、肉、魚、サラダ、スープ、甘味料などの食品にも香料として使用されています。

市場の動向

イソフィトールは、合成ビタミンEやビタミンKの製造に使用されており、機能性食品への消費者の嗜好の変化や健康志向の高まりによる栄養補助食品の需要増とともに、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。また、高齢化社会の進展、パーソナルケア製品の売上増加、加齢性疾患の予防や免疫力の向上に役立つ製品へのニーズの高まりも、市場拡大の要因の一つと考えられます。これとは別に、急速な都市化、多忙なスケジュール、所得水準の上昇、労働人口の増加、簡単に調理できる食品の消費の増加などを理由に、インスタント食品(RTE)の導入が増加していることも、市場の成長に寄与しています。さらに、さまざまな表面を除菌するための家庭用洗剤の需要が増加しており、市場の成長を後押ししています。これは、コロナウイルス(COVID-19)感染症が世界的に発生し、国際機関がパンデミックの拡大を防ぐために除菌の導入を重視するようになったことに起因していると考えられます。加えて、イソフィトールは、痛みや不安の軽減、かゆみの緩和、先天性障害の予防など、ヘルスケア産業で広く活用されているフィトールの生産において牽引役となっています。

主要な市場区分

イソフィトールの世界市場は、香りの種類、販売チャネル、用途に基づいて細分化されています。

香りの種類別の市場区分

・フローラル系

・ハーブ系

・その他

販売チャネル別の市場区分

・オンライン

・オフライン

用途別の市場区分

・サプリメント

・化粧品

・産業用

市場の競合状況

イソフィトールの世界市場における主要な企業としては、Augustus Oils Ltd., BASF SE, Carbosynth Ltd, Haihang Industry Co. Ltd., Hefei TNJ Chemical Industry Co. Ltd., Merck KGaA, Molekula Group, Santa Cruz Biotechnology Inc., Thermo Fisher Scientific Inc., Tokyo Chemical Industry, Vigon International LLC (Azelis)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]