生物学的安全性試験市場、2027年に71億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の生物学的安全性試験市場は、2021年に35億1,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.55%のCAGRで成長し、2027年には71億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

バイオ医薬品は、さまざまな疾患の診断、予防、治療に広く使用されています。しかし、その製造工程や複雑な構造・生物学的特性から、安全性に関する懸念がいくつか指摘されています。そのため、多くの国の保健機関は、これらの製品に対して徹底した生物学的安全性試験を義務付けています。生物学的安全性試験は、臨床試験が行われる前に、製品が汚染物質に汚染されていないことを確認するものです。現在では、複数の企業が、世界の厳しい安全基準に準拠した包括的な生物学的安全性試験パッケージを提供しています。

市場の動向

コロナウイルス(COVID-19)感染症の発生と治療法の緊急の必要性は、世界の生物学的安全性試験の需要増加に影響を与える重要な要因の一つです。生物学的安全性試験は、製造業者に発送する前に、ワクチン候補の安全性を評価するものです。また、対象となる疾患の有病率の上昇や医療サービスへのアクセスのしやすさから、生物医薬品に対する需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、臨床試験中の新薬や生物学的製剤の数が増加していることも、市場の成長に寄与しています。これとは別に、哺乳類細胞株由来の生物学的製剤には、微生物やウイルスによる汚染リスクが内在しています。このため、開発プロセス全体において、生物学的製剤が安全で汚染物質がないことを確認するための厳格な安全性試験の導入が進んでいます。さらに、シングルユースの医療製品の利用が増加していることから、製薬メーカーは安全な製品の製造と無菌性の確保に注力しており、これが市場を牽引しています。このほか、市場の主要企業は、創薬・開発サービスの提供や、費用対効果に優れ、技術的に高度な試験方法の開発を行うため、大手研究機関と戦略的パートナーシップを結んでいます。このことは、市場に明るい展望をもたらすと予想されています。

主要な市場区分

世界の生物学的安全性試験市場は、製品・サービス、試験タイプ、アプリケーションに基づいて細分化されています。

製品・サービス別の市場区分

・キット・試薬

・機器

・サービス

試験タイプ別の市場区分

・エンドトキシン試験

・無菌試験

・細胞株認証・特性評価試験

・バイオバーデン試験

・残留ホスト汚染物質検出試験

・不純物検出試験

・その他

アプリケーション別の市場区分

・ワクチン開発

・血液製剤検査

・細胞・遺伝子治療

・組織・組織関連製品試験

・幹細胞研究

市場の競合状況

世界の生物学的安全性試験市場における主要な企業としては、Avance Biosciences, Charles River Laboratories, Creative Biogene, Eurofins Scientific, Lonza Group AG, Maravai LifeSciences, Pace Analytical Services Inc., Pacific BioLabs, Sartorius AG, SGS SA, ViruSure GmbH (Asahi Kasei Corporation), WuXi Biologicsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]