食品安全検査市場、2027年に334億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の食品安全検査市場は、2021年に192億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.97%のCAGRで成長し、2027年には334億米ドル規模に達すると予想されています。

食品の調理や加工時の衛生状態が悪いと、汚染や下痢、がんなどの深刻な疾病につながる可能性があります。そのため、各国の政府機関は、食品を市場で販売する前に厳しい検査手続きを取るように、厳格な食品安全検査ガイドラインを導入しています。食品安全検査は、さまざまな食品の中から有害生物、病原体、保存料、化学物質など、潜在的な毒物の存在を検出することに重点を置いています。また、悪影響を特定し、食品衛生を維持し、食中毒を予防・管理することにも役立っています。

市場の動向

食品の不純物混入や汚染の事例は、医療費に大きく影響する食中毒の蔓延の主なリスク要因の一つです。これは、世界の食品安全検査の需要を拡大する重要な要因の一つとなっています。食品安全検査は、食品の品質を維持し、消費者の潜在的な健康被害を回避します。また、急速な都市化、多忙なライフスタイル、所得水準の向上に伴い、パッケージ化された食品の消費量が増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、食品の衛生・安全性に関する個人の意識が高まっていることも、市場を牽引しています。これとは別に、自動化、汎用性、分析速度、食品安全に関する厳しい規制の枠組みが、食品加工業者に食品検査におけるイムノアッセイ(IA)の導入を促しています。さらに、主要な市場参加者は、リアルタイムで病原体を迅速かつ定性的に検出するためのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)キット、標準培地、発色培地、免疫血清の導入を進めています。また、正確な結果を確保しながら、食品検査の時間とコストを最小限に抑えるための手法の開発にも注力しています。このことは、世界中で食品安全検査の導入にプラスの影響を与えると予想されています。

主要な市場区分

世界の食品安全検査市場は、タイプ、検査対象食品、技術に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・病原体

・遺伝子組換え生物

・化学物質と毒素

・その他

検査対象食品別の市場区分

・肉および肉製品

・乳製品および乳製品

・穀物・豆類

・加工食品

・その他

技術別の市場区分

・寒天培地法

・PCRベースアッセイ

・イムノアッセイベース

・その他

市場の競合状況

世界の食品安全検査市場における主要な企業としては、ADPEN Laboratories Inc.、ALS Limited、AsureQuality Limited、Bio-Rad Laboratories Inc.、Bureau Veritas、DNV AS(Stiftelsen Det Norske Veritas)、Eurofins Scientific、Intertek Group plc、Mérieux NutriSciences、NEOGEN Corporation、NSF International、SGS SA、TÜV SÜDなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]