シリコーンオイル市場、2027年に51億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のシリコーンオイル市場は、2021年に33億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.70%のCAGRで成長し、2027年には51億米ドル規模に達すると予想されています。

シリコーンオイルは不活性、無臭、無毒の透明な直鎖状ポリシロキサン化合物で、炭化水素や鉱物油と比較して高い熱安定性、圧縮性、柔軟性を備えています。また、誘電特性が高く、せん断応力、自然老化、酸化、加水分解に対する耐性を備えています。さらに、軟化剤、潤滑剤、塗料やホームケア製品の添加剤、油圧・減衰、誘電、電子グレード、加熱・冷却、拡散ポンプ、恒温流体としても使用されています。このほか、化粧品、医薬品、医療業界などにおいて幅広い用途が見出されています。

市場の動向

低密度、高粘度、無毒性であることから、パーソナルケア製品におけるシリコーンオイルの利用が増加していることが、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、自動車産業では潤滑油や熱媒体油としての利用が増加しており、電子回路基板のコンフォーマルコーティングとしての需要も高まっていることから、市場の成長を後押ししています。また、シリコーンオイルは、生体適合性と生分解性のある環境に優しい材料です。このことは、環境に対する人々の意識の高まりと相まって、世界中でシリコーンオイルの需要を喚起しています。これとは別に、世界中で拡散ポンプ、ダッシュポット、フリーズドライヤーにおけるシリコーンオイルの用途が拡大しており、エンドユーザーや投資家に有利な成長機会を提供しています。さらに、網膜表面から体液を押し出し、網膜と網膜色素上皮の間の接着を維持するための網膜硝子体手術におけるシリコーンオイルの利用が増加しており、市場にプラスの影響を及ぼしています。加えて、主要な市場参加者は、顧客基盤を拡大するためにパートナーシップや事業拡張に注力しています。また、合併・買収(M&A)にも注力しており、これにより全体的な売上と収益性の向上が見込まれています。

主要な市場区分

世界のシリコーンオイル市場は、タイプ、用途、最終用途産業に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・ストレートシリコーンオイル

・変性シリコーンオイル

用途別の市場区分

・シーラント

・スキンケア・ヘアケア

・テキスタイルコーティング

・化学中間体

・発泡防止剤

・離型剤

・その他

最終用途産業別の市場区分

・化学

・建築

・パーソナルケア

・繊維

・エレクトロニクス

・自動車

・医療

・その他

市場の競合状況

世界のシリコーンオイル市場における主要な企業としては、Aurolab (Aravind Eye Care System), BRB International B.V., China National Bluestar (Group) Co. Ltd. (China National Chemical Corporation), CHT Group, Clearco Products Co. Inc., Dow Inc., Evonik Industries AG, Iota Silicone Oil (Anhui) Co. Ltd., Merck KGaA, Momentive Performance Materials Inc., Shin-Etsu Chemical Co. Ltd., Siltech Corporation, Thermo Fisher Scientific Inc., Wacker Chemie AG.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]