エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)市場、2027年に63億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のエチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)市場は、2021年に46億1,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.10%のCAGRで成長し、2027年には63億2,000万米ドル規模に達すると予想されています。

エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)は、ユニークな性能特性を持つ多用途の合成ゴムです。エチレン、プロピレン、ジエンモノマーの共重合体で、懸濁重合、溶液重合、気相重合などのプロセスで製造されます。ベルト、窓やドアのシール、チューブ、屋根膜、ノンスリップコーティング、ラジエーター、ドレンチューブ、トランクシールなどによく使われています。EPDMは、優れた耐老化性、耐熱性、耐薬品性、耐オゾン性、耐候性、電気絶縁性、圧縮永久歪み、低温作動性など、さまざまな特性を備えています。EPDMはシリコンと比較して、引裂強度、耐久性、金属との接着性が高く、建築、自動車、製造、電気、電子産業などで広く使用されています。

市場の動向

世界的に自動車産業が大きく成長していることが、市場に明るい展望をもたらしています。EPDMは、ケーブルジャケッティング、サスペンションベローズ、プラグ、モールドシール、チューブ、エアダクトなどに広く使用されています。また、優れた柔軟性とコストパフォーマンスにより、屋根材、地下室、プール、屋上デッキなどの建設・建築用途での製品利用が増加しており、市場の成長に好影響を与えています。温度変化への適応性、金属への接着性、耐油性を有するバイオベースEPDMの導入など、さまざまな技術革新が、市場成長に弾みをつけています。また、EPDMは二酸化炭素排出量の削減にも貢献しており、これも市場成長要因となっています。さらに、水と熱に対する高い電気絶縁性と耐性を有するため、暖房、換気、空調(HVAC)用途で広く使用されており、市場成長を後押ししています。加えて、消費者の可処分所得の向上や広範な研究開発(R&D)活動が、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)の世界市場は、製造プロセス、販売チャネル、用途に基づいて細分化されています。

製造プロセス別の市場区分

・溶液重合プロセス

・スラリーサスペンションプロセス

・気相重合プロセス

販売チャネル別の市場区分

・直接販売

・間接販売

用途別の市場区分

・自動車

・建築・建設

・製造業

・電気・電子

・その他

市場の競合状況

世界のエチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)市場における主要な企業としては、Arlanxeo, Carlisle Companies Incorporated, Dow Inc., Exxon Mobil Corporation, Firestone Building Products (Holcim Group), Jilin Xingyun Chemical Co. Ltd., Johns Manville (Berkshire Hathaway Inc.), Kumho Polychem (Kumho Petrochemical Co. Ltd), Lion Elastomers, Mitsui Chemicals Inc., West American Rubber Company LLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]