パイプライン監視システム市場、2027年に205億8,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のパイプライン監視システム市場は、2021年に137億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.70%のCAGRで成長し、2027年には205億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。

パイプライン監視システムは、パイプラインの細菌制御プログラムや腐食の評価のために広く展開されているソリューションを指します。通常、有害廃棄物を発生させることなくサンプルやデータを取得し、規制監督要件に対応します。パイプライン監視システムは、漏れの検出、運転状況の分析、パイプラインネットワークの監視、破損の発見を支援し、それによって爆発や火災などの潜在的な災害のリスクを排除します。これにより、生産性の最適化、生産プロセスの改善、資産寿命の延長、安全性とコンプライアンス強化に貢献します。現在、パイプライン監視システムは、金属製や非金属製などさまざまなタイプで市販されています。

市場の動向

石油、廃水、精製石油産業におけるパイプの漏れ、破損、腐食、亀裂の事例が増加していることが、パイプライン監視システム市場の主な成長要因となっています。これは、災害管理、職場の安全を促進し、作業基準を満たすために、さまざまな国の政府によって実施されている有利なイニシアチブによって強化されており、原油および精製石油産業におけるパイプライン監視システムの普及をさらに促進するものです。これに伴い、パイプライン検査ゲージ(PIG)、漏洩磁束技術、スマートボール、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)や監視制御およびデータ収集(SCADA)などの各種通信ソリューションとこれらのシステムを大規模に統合して遠隔管理を行い、効率的に運用することも市場成長を促す要因の一つとなっています。さらに、石油・ガス産業において、より高い強度と柔軟性、耐腐食性、長期持続性、高圧耐性を備えた金属製パイプラインが広く利用されていることも、市場の成長に寄与しています。その他、生産技術の向上と操業コストの削減を目的とした高効率設備の研究開発活動への多額の投資や、石油・ガス探査活動の活発化などの要因も、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

パイプライン監視システムの世界市場は、パイプタイプ、テクノロジー、アプリケーション、最終用途産業に基づいて細分化されています。

パイプタイプ別の市場区分

・金属パイプ

・非金属パイプ

テクノロジー別の市場区分

・超音波検査

・スマートボール

・漏洩磁束技術

・パイプライン検査ゲージ(PIG)

・その他

アプリケーション別の市場区分

・漏洩検知

・パイプライン破損検知

・稼働状況

・その他

最終用途産業別の市場区分

・石油・ガス

・上下水道

・その他

市場の競合状況

パイプライン監視システムの世界市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、Honeywell International Inc.、Huawei Technologies Co. Ltd.、Orbcomm Inc.、Pentair plc、PERMA-PIPE International Holdings Inc.、PSI Software AG、Siemens AG、TC Energy Corporation、Thales Group、Xylem Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]