建築用ガラス市場、2027年に1,421億5,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の建築用ガラス市場は、2021年に968億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.30%のCAGRで成長し、2027年には1,421億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

建築用ガラスは、建築物の様々な構造用途に広く使用されている固体半透明グレージング材を指します。一般的に使用される建築用ガラスには、合わせガラス、飛散防止ガラス、フロートガラス、板ガラス、色ガラス、網入りガラス、強化ガラスなどがあります。一般に、外壁、窓、ドアなどに利用されています。建築用ガラスは、透明で電気や薬品、水に強く、断熱性に優れ、加工性、リサイクル性にも優れています。そのため近年、建築用ガラスは、費用対効果、軽量性、高強度、環境への配慮から、木材、レンガ、ポリカーボネート(PC)などの従来の建築材料に代わる持続可能な材料として支持されています。

市場の動向

建築用ガラスは、建物内の自然光の流入を増加させ、エネルギー消費を削減し、二酸化炭素排出を最小限に抑え、構造物の美観を向上させることができます。そのため、住宅・商業・工業分野での建設活動が活発化していることが、市場成長の主な要因となっています。また、可処分所得の高い中間所得層の拡大が、持続可能な建築に対する需要を喚起し、建築用ガラスの導入を加速しています。さらに、各国政府は、温室効果ガスの排出やエネルギー消費を最小限に抑えるグリーン建築を促進するため、有利な政策やインセンティブの導入など、様々な取り組みを行っています。これに伴い、既存インフラの改修や近代化に対する投資が増加していることも、市場の成長を促進しています。さらに、大手企業は研究開発(R&D)活動に従事し、製品ポートフォリオを拡大し、市場での競争力を得るために革新的な建築用ガラスを発表しています。その他、エネルギー効率の高い温度管理に対するニーズの高まり、高品質なインテリアへの消費者志向の変化、急速な都市化・工業化、ガラス産業の進歩などの要因も、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

建築用ガラスの世界市場は、製品タイプ、化学成分、製造工程、用途に基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

特殊ガラス

・板ガラス

・合わせガラス

・強化ガラス

・その他

低放射能ガラス

・ハードコート低放射能ガラス

・ソフトコート低放射能ガラス

化学成分別の市場区分

・ソーダライム

・ポタッシュ-ライム

・ポタッシュ-鉛

製造工程別の市場区分

・フロート工程

・圧延・シート工程

用途別の市場区分

・非住宅用

・住宅用

市場の競合状況

建築用ガラスの世界市場における主要な企業としては、AGC Inc., Central Glass Co. Ltd., Compagnie de Saint-Gobain S.A., Corning Incorporated, CSG Holding Co. Ltd., Guardian Industries (Koch Industries Inc.), Nippon Electric Glass Co. Ltd., Nippon Sheet Glass Co. Ltd., PPG Industries Inc., Schott AG, Sisecam, Xinyi Glass Holdings Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]