パッシブ認証市場、2027年に41億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のパッシブ認証市場は、2021年に11億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は24.1%のCAGRで成長し、2027年には41億2,000万米ドル規模に達すると予想されています。

パッシブ認証は、ユーザーを識別し、追加のアクションを必要とせずに確認する摩擦のないプロセスを指します。エージェントや音声ボットとの会話中に話者の声を聞く必要があり、高いセキュリティの認証スコアを得るためには、通常、より長時間の発話が必要となります。主にユーザーの行動や観察可能なデータを収集し、ユーザーの介入や作業を必要とせず、本人確認の証拠として分析されます。現在、多くの新興企業が摩擦のないオンラインおよび物理的な動的確率と信頼性の高いスコアリング技術を開発しているため、その需要は世界的に拡大しています。

市場の動向

現在、銀行業界ではパッシブ認証の導入が増加しています。これは、エージェントと顧客のやりとりを最小限に抑えることができる数々の有益な機能があるためです。このことは、市場の成長を後押しする重要な要因の一つとなっています。また、パッシブ認証方式は、金融サービス会社が過去の通話履歴を利用して自動的に顧客登録を行う際にも利用できます。さらに、パッシブ認証は、リアルタイムで会話をモニタリングし、相手が認証された話者であることを確認することができるなど、さまざまなメリットを提供します。これとは別に、銀行におけるデータ漏洩の発生が増加しており、堅牢な認証技術の需要拡大に好影響を及ぼしています。さらに、コロナウイルス(COVID-19)感染症の発生により、企業は次世代のユーザーセキュリティ体験を定義することで、セキュリティ手法を変革するよう促されています。これにより、企業が自動化を導入し、摩擦のないユーザー体験を提供できる領域を制御・特定するためのパッシブ認証ソリューションの需要が世界中で高まると予想されています。

主要な市場区分

世界のパッシブ認証市場は、コンポーネント、導入形態、企業規模、機能、最終用途産業に基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

機能別の市場区分

・コンプライアンス

・マーケティングマネジメント

・リスクマネジメント

・その他

最終用途産業別の市場区分

・BFSI

・政府機関

・IT・通信

・小売・消費財

・ヘルスケア

・メディア・エンターテイメント

・その他

市場の競合状況

世界のパッシブ認証市場における主要な企業としては、Aware Inc., BioCatch Ltd., Cisco Systems Inc., Equifax Inc., Experian plc, Fair Isaac Corporation, International Business Machines Corporation, NEC Corporation, Nuance Communications Inc.(Microsoft Corporation), RSA Security LLC, Thales Group, Verint Systems Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]