学習管理システム(LMS)市場、2027年に413億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の学習管理システム(LMS)市場は、2021年に135億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は20.3%のCAGRで成長し、2027年には413億米ドル規模に達すると予想されています。

学習管理システム(LMS)は、オンライントレーニングや学習プログラムの実施と管理を支援するウェブベースのアプリケーションです。カスタマイズ可能なユーザーインターフェイス、ソーシャルラーニング、モバイル対応、自動化、標準/カスタムコースウェア、ブレンドラーニングなど、数多くの機能を提供します。また、フロントエンドとバックエンドでのシームレスな体験、効率の向上、複数の学習方法のサポート、価値あるインサイトを提供します。LMSは高速で生産性が高く、費用対効果に優れており、学力の向上に役立つため、LMSの需要は世界中で高まっています。

市場の動向

コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、各国の政府機関は予防措置としてロックダウンを実施しました。その結果、世界中の企業がLMSソリューションにシフトしており、これは市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、従来の教育手法ではコストがかかるため、従業員の教育・訓練にeラーニングサービスを導入しており、これが市場の成長に寄与しています。また、トレーニング教材の構築・管理、コンテンツの配信、個人の進捗状況の把握、トレーニング全体の規模拡大など、これらのソリューションが持つ能力にも起因しています。また、医療分野では、医師や看護師がベッドサイドでのマナーや医療処置に関する理論的な知識などのソフトスキルを習得するためのトレーニングに採用されるケースが増えています。さらに、大手市場関係者は、LMSソリューションにモノのインターネット(IoT)を統合することで、市場成長を後押ししています。 さらに、遠隔教育の急速な普及は、教育機関におけるLMSの活用にプラスの影響を与えています。これは、学生による不正行為の防止、学生の成績評価および管理に対する技術的なソリューションの提供など、LMSが提供する幅広い利点に起因しています。

主要な市場区分

世界の学習管理システム(LMS)市場は、コンポーネント、ユーザータイプ、提供形態、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

ユーザータイプ別の市場区分

・学術機関

・企業

提供形態別の市場区分

・遠隔教育

・インストラクターによるトレーニング

・ブレンデッドラーニング

アプリケーション別の市場区分

・アドミニストレーション

・コンテンツ管理

・パフォーマンス管理

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・政府・教育機関

・ヘルスケア

・IT・通信

・ホスピタリティ

・小売

・製造業

・その他

市場の競合状況

世界の学習管理システム(LMS)市場における主要な企業としては、Absorb LMS Software Inc.、Adobe Inc.、Blackboard Inc.、Cornerstone OnDemand Inc.、D2L Corporation、Docebo、Epignosis LLC、International Business Machines Corporation、McGraw Hill、Oracle Corporation、Paradiso Solutions、Pearson、SAP SE、Sumtotal Systems LLC (Skillsoft)、Xerox Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]