ポリマーナノコンポジット市場、2027年に234億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のポリマーナノコンポジット市場は、2021年に91億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は16.40%のCAGRで成長し、2027年には234億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

ポリマーナノコンポジット(PNC)とは、ポリマーマトリックス中にナノ粒子やナノフィラーが分散したポリマーやコポリマーからなる複合材料のことです。軽量かつコンパクトで、引張強度、導電性、熱安定性、耐腐食性、耐水性、耐薬品性に優れた材料です。PNCは、エレクトロニクス業界では半導体の製造に、航空宇宙業界では積層板、耐雷・耐レーダープロテクター、サンドイッチ構造の製造に広く使用されています。また、食品や飲料の風味を保持するための食品包装材にも幅広く利用されています。近年、PNCはその優れた特性と性能上の利点から、従来の同等品に代わるものとして支持を得ています。

市場の動向

多くの最終用途産業で製品用途が増加していることが、市場成長の主な要因となっています。例えば、PNCは自動車分野でサスペンションやブレーキシステム、排気システム、触媒コンバーター、タイヤなどの軽量自動車部品の製造に広く利用されており、全体的な性能を高め、車両重量を減らし、二酸化炭素排出量を最小限に抑えることができます。これは、自動車の排ガスに関する厳しい政府規制の実施と相まって、製品需要を増大させています。さらに、電磁波シールド、センサー、導電性繊維、防弾・防食、難燃などの防衛分野でPNCが広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。このほか、発電用カーボンナノチューブ(CNT)タイルや伝送損失低減用CNT導体の利用が拡大していることが、製品の導入を促進しています。さらに、組織工学、骨再建、生体イメージング、ナノメディシン、細胞追跡、磁気バイオセパレーションなど、PNCの新たなバイオメディカルアプリケーションが、市場成長の推進力となっています。その他、ナノテクノロジーの研究開発活動、政府の政策、家電製品の販売急増、自動車生産の増加などが、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

ポリマーナノコンポジットの世界市場は、ナノマテリアルタイプ、ポリマータイプ、アプリケーションに基づいて細分化されています。

ナノマテリアルタイプ別の市場区分

・カーボンナノチューブ

・ナノクレーズ

・ナノファイバー

・ナノ酸化物

・その他

ポリマータイプ別の市場区分

・熱可塑性ポリマー

・熱硬化性ポリマー

アプリケーション別の市場区分

・自動車

・建築

・電気・電子

・パッケージング

・その他

市場の競合状況

ポリマーナノコンポジットの世界市場における主要な企業としては、Arkema S.A., Evonik Industries AG, Foster Corporation (PolyMedex Discovery Group), Inframat Corporation (Nano Group Inc.), Minerals Technologies Inc., Nanocyl SA, Nanophase Technologies Corporation, Powdermet Inc., RTP Company Inc. (Miller Waste Mills Inc.), Showa Denko K. K., Unitika Ltdなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]