リモートデポジットキャプチャー市場、2027年に4億3,100万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のリモートデポジットキャプチャー市場は、2021年に2億7,010万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.70%のCAGRで成長し、2027年には4億3,100万米ドル規模に達すると予想されています。

リモートデポジットキャプチャー(RDC)とは、銀行が提供する小切手の入金処理をリモートで管理するサービスのことです。小切手をスキャンし、暗号化されたインターネット接続を介してスキャンした画像を送信することができます。小切手のスキャン、明細と画像の確認、金融機関との入金の共有などが含まれます。RDCは、スキャナ、インターネット接続、システムをサポートする銀行サービスが必要で、タブレット、スマートフォン、パソコンで広く利用でき、便利に小切手を預けることができます。キャッシュフローの強化、銀行訪問の不要化、業務の効率化、24時間365日利用可能、リスクの軽減、利便性の向上などの利点があります。そのため、RDCは中小企業や大企業で広く利用されています。

市場の動向

世界中でスマートフォンの導入が進んでいることが、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。RDCは、入金された資金を即座に通知し、高速かつ便利で手間のかからないサービスを提供するため、消費者の間で広く利用されています。また、デジタル化の進展により、銀行に出向く必要がなくなり、ギフト用小切手や給与明細、返金用小切手などをリモートで預けられるようになったことで基本的な処理能力が向上したことも、市場成長に好影響を与えています。さらに、モノのインターネット(IoT)と人工知能(AI)の統合による安全な決済、迅速な顧客サポートの提供、効率性の向上など、さまざまな技術の進歩が市場成長の推進力となっています。これに伴い、リアルタイムの検知を可能にし、リスクや不正の削減を支援するデータ分析機能が広く導入されていることも、市場成長にプラスの影響を与えています。その他、コロナウイルス(COVID-19)感染症の突然の発生やソーシャルディスタンスに対する意識の高まり、デジタル化に向けた様々な政府の取り組みの実施などが、市場の成長に向けた原動力になることが予想されています。

主要な市場区分

世界のリモートデポジットキャプチャー市場は、コンポーネント、導入形態、企業規模などに基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

市場の競合状況

世界のリモートデポジットキャプチャー市場における主要な企業としては、Alogent、Checkalt LLC、Digital Check Corp、EFT Network、FIS、Fiserv Inc.、Jack Henry & Associates Inc.、Jaguar Software、Mitek Systems Inc.、NCR Corporation、Northern Trust Corporation、ProgressSoft Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]