プラスチック酸化防止剤市場、2027年に52億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のプラスチック酸化防止剤市場は、2021年に36億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.59%のCAGRで成長し、2027年には52億米ドル規模に達すると予想されています。

プラスチック酸化防止剤は、高温の加工工程で紫外線にさらされることによって起こる熱や光による酸化反応から材料を保護するのに役立ちます。また、製品の外観を良くし、強度、剛性、柔軟性を維持しながら耐用年数を延ばすために、幅広い用途で利用されています。現在、市場のメーカー数社は、特殊な分子設計を持ち、1つの化合物で一次および二次機能を組み合わせた多機能の製品を提供しています。

市場の動向

ポリマーは、酸素、光、放射線、過度の熱、腐食環境などにさらされると、時間の経過とともに変化します。これにより、衝撃強度の低下、伸びの低下、表面のひび割れ、変色、製品の耐用年数の低下などが発生する可能性があります。そのため、プラスチック酸化防止剤は、酸化を抑制し、長期保管中の製品の品質を維持するために、さまざまな最終用途産業で広く利用されています。これとは別に、プラスチック酸化防止剤は、バンパー、ダッシュボード、ステアリングホイール、スイッチなど、さまざまなポリマー製の自動車内装及び外装部品の製造に広く利用されています。さらに、数か国の政府機関が実施する厳しい排ガス規制により、相手先商標製品製造会社(OEM)が最新の自動車にプラスチック酸化防止剤を導入することが奨励されています。プラスチック酸化防止剤は、ポリマーの劣化による揮発性有機化合物(VOC)の過剰排出のリスクを最小化するのに役立ちます。また、急性および慢性疾患の有病率の増加や老人人口の増加により、世界的に医療機器の使用が増加していることも、市場の成長に寄与しています。さらに、スポーツアクセサリー、ケーブル絶縁体や回路基板などの電子製品の新しいトレンドが、世界の電気通信、電子、スポーツ産業におけるプラスチック酸化防止剤の需要拡大を促進しています。

主要な市場区分

プラスチック酸化防止剤の世界市場は、タイプ、ポリマー樹脂、形態、用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・フェノール

・亜リン酸塩・亜リン酸塩

・酸化防止剤ブレンド

・その他

ポリマー樹脂別の市場区分

・ポリプロピレン

・ポリエチレン

・ポリ塩化ビニル

・ポリスチレン

・アクリロニトリル ブタジエン スチレン

形態別の市場区分

・固体

・液体

用途別の市場区分

・パッケージング

・建築

・自動車

・その他

市場の競合状況

世界のプラスチック酸化防止剤市場における主要な企業としては、3V Sigma S.p.A., Adeka Corporation, BASF SE, Clariant AG, Dover Chemical Corporation (ICC Industries Inc.), Everspring Chemical Co. Ltd., Evonik Industries AG, Lanxess AG, LyondellBasell Industries N.V., Solvay S.A., Songwon Industrial Co. Ltd., Sumitomo Chemical Co. Ltd., Synthomer plcなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]