オピオイド市場、2027年に249億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のオピオイド市場は、2021年に204億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.3%のCAGRで成長し、2027年には249億米ドル規模に達すると予想されています。

オピオイドは、慢性的な頭痛や腰痛に悩む患者の持続的な激しい痛みを抑えるために使用される薬剤です。オピオイドは、脳や脊髄、腸などのタンパク質と相互に作用し、痛みの信号を遮断します。オピオイドは、ケシの種子から抽出されるか、実験室で合成されます。一般に、錠剤やトローチの形で入手できます。また、静脈内注射や点滴で静脈内に投与したり、経口や経皮のルートで服用したりすることも可能で、有効成分を皮膚から全身に行き渡らせることができます。

市場の動向

タバコやアルコールの過剰摂取、肥満、ヒトパピローマウイルス(HPV)、日焼けなどの発生により、癌の有病率が世界的に上昇していることが、市場成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、高齢者人口の増加や、加齢に伴うがん発症リスクの増大も、市場の成長を後押ししています。さらに、外科的手術を受ける人の増加により、オピオイドは術後の痛みを抑え、回復を早め、肺炎や血栓などの合併症の可能性を低減するため、世界規模で需要が拡大しています。加えて、子供がプロスポーツや身体活動に参加する機会が増えたことで、深刻なケガをするケースも増えています。このことは、子供の健康に対する保護者の意識の高まりと相まって、激しい痛みに対処するためのオピオイドの需要を高めています。さらに、新たな疾患に対するオピオイドの有効性と安全性を評価するための研究開発(R&D)活動への投資が増加していることも、市場成長をさらに加速すると予測されています。

主要な市場区分

世界のオピオイド市場は、製品タイプ、アプリケーション、流通チャネルに基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

・コデイン

・フェンタニル

・メタドン

・オキシコドン

・モルヒネ

・ヒドロコドン

アプリケーション別の市場区分

・疼痛治療剤

・咳嗽治療剤

・下痢止め剤

・その他

流通チャネル別の市場区分

・病院薬局

・小売薬局

・ドラッグストア

・オンラインストア

・その他

市場の競合状況

世界のオピオイド市場における主要な企業としては、Boehringer Ingelheim International GmbH、Hikma Pharmaceuticals PLC、Mallinckrodt plc、Pfizer Inc.、Purdue Pharma L.P.、Sanofi S.A、Sun Pharmaceutical Industries Ltd、Teva Pharmaceutical Industries Ltdなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]