3Dバイオプリンティング市場、2027年に22億6,010万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の3Dバイオプリンティング市場は、2021年に8億6,900万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は16.85%のCAGRで成長し、2027年には22億6,010万米ドル規模に達すると予想されています。

3Dバイオプリンティングは、細胞ベースのバイオインクの分解を通じて精密な解剖学的組織を開発するために使用される付加製造技術を指します。3Dバイオプリンティングには、ダイレクトおよびレーザー書き込み、マイクロスタンプ、フォトリソグラフィー、ステレオリソグラフィー、エレクトロプリンティング、インクジェット蒸着など、さまざまな成膜・組み立てプロセスが含まれます。バイオインクは、生きた細胞、生体材料、活性生体分子を用いて製造され、組織や臓器の3D構造を作成します。プリンターは生体材料を何層にも重ねて、骨、皮膚、人工血管、気管スプリント、心臓組織、軟骨などの複雑な身体構造を作り上げます。これらのプリント構造は、溶解可能なゲルまたはコラーゲンの足場を使用して組み立てられ、結合されて、細胞を目的の形状に固定することができます。

市場の動向

世界中で慢性呼吸器疾患や心血管疾患(CVD)の有病率が上昇していることが、市場成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、再生医療、癌治療、幹細胞ソリューションに対する要求の高まりが、市場成長の推進力となっています。3Dバイオプリンティングは、肝臓のモデリングや様々な骨・組織・医療用インプラントの開発に広く利用されています。これに伴い、動物実験を最小限に抑えようとする大衆の意識が高まっていることも、市場成長に寄与しています。化粧品メーカーは、バイオプリントされた毛包や皮膚移植を使用して、ヒトに近い組織で製品の臨床試験を行っています。さらに、organ-on-a-chipの開発など、さまざまな技術的進歩も市場成長の促進要因として作用しています。これらの革新的なバイオプリント構造は、身体機能の3D体外分析、再生医療や組織工学のための人工臓器や組織の製造を可能にします。その他、バイオテクノロジー分野における広範な研究開発(R&D)活動、毒性スクリーニングや血管筋プリントに磁気浮遊技術を導入する動きが活発化していることなども、市場の成長に向けた原動力となることが予想されています。

主要な市場区分

世界の3Dバイオプリンティング市場は、コンポーネント、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

3Dバイオプリンター

・シリンジ/エクストルージョン バイオプリンティング

・インクジェット・バイオプリンティング

・磁気浮上式バイオプリンティング

・レーザーアシストバイオプリンティング

・その他

足場材

バイオマテリアル

・生体細胞

・ハイドロゲル

・細胞外マトリックス

・その他

アプリケーション別の市場区分

研究分野

・医薬品研究

・再生医療

・3次元細胞培養

臨床

・皮膚

・骨・軟骨

・血管

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・研究機関・学術機関

・バイオ製薬会社

市場の競合状況

世界の3Dバイオプリンティング市場における主要な企業としては、3D Systems Inc., Aspect Biosystems Ltd., Cellink, Cyfuse Biomedical K.K., EnvisionTEC GmbH (Desktop Metal Inc.), GeSiM – Gesellschaft für Silizium-Mikrosysteme mbH, Materialise, Organovo Holdings Inc., Poietis, RegenHU, Stratasys Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]