ウイルスろ過市場、2027年に67億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のウイルスろ過市場は、2021年に35億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.20%のCAGRで成長し、2027年には67億2,000万米ドル規模に達すると予想されています。

ウイルスろ過は、生物学的製造装置で使用される強力で非破壊的、かつ効率的なウイルス除去技術です。これは、膜の孔にウイルス粒子を集める高分子膜バリアの使用を含みます。医薬品やワクチンから潜在的なウイルス汚染物質を除去するのに役立ちます。また、体細胞、組み換え治療用タンパク質、遺伝子治療などの研究にも利用されています。さらに、血漿(けっしょう)由来の製品に含まれる血液由来病原体の除去にも使用されています。現在、ウイルスろ過技術は、製薬会社や研究所の衛生管理、表面や周囲に潜むウイルス変異体の除去に幅広く利用されています。

市場の動向

世界的な高齢者人口の増加と慢性疾患の有病率の上昇は、市場にプラスの影響を与える重要な要因の一つとなっています。また、重篤な状態にある患者を治療するための潜在的な治療法やワクチンに対する要求の高まりは、炎症メディエーターを最小限に抑えるための回復期の血漿におけるウイルスろ過の利用を促進しています。バイオ医薬品産業の著しい成長と、シングルユース機器、灌流リアクター、クロマトグラフィー樹脂などのバイオプロセス技術の継続的な進歩は、様々なバイオ治療製品の製造におけるウイルスろ過システムの導入を促進しています。これとともに、環境における多数のウイルス変種の拡散に対する懸念の高まりが、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、暖房、換気、空調(HVAC)機器へのウイルスろ過技術の広範な統合が、市場の成長に寄与しています。また、大手メーカーによる製品イノベーションへの投資が世界的に増加していることも、市場に明るい見通しをもたらしています。加えて、主要メーカーによる充実した製品バリエーションを開発するための広範な研究開発(R&D)活動も、市場成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のウイルスろ過市場は、製品、アプリケーション、エンドユースに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

消耗品

・キットおよび試薬

・その他

機器

・フィルトレーションシステム

・クロマトグラフィーシステム

サービス

アプリケーション別の市場区分

生物学的製剤

・ワクチン・治療薬

・血液・血液製剤

・細胞・遺伝子治療薬

・その他

医療機器

浄水器

空気清浄機

その他

エンドユース別の市場区分

・バイオ医薬品・バイオテクノロジー企業

・契約研究機関

・学術研究機関および研究所

・その他

市場の競合状況

世界のウイルスろ過市場における主要な企業としては、Asahi Kasei Medical Co. Ltd., Charles River Laboratories Inc., Clean Cells, Danaher Corporation, Merck KGaA, Sartorius AG, Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]