皮下注射針市場、2027年に38億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の皮下注射針市場は、2021年に24億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.20%のCAGRで成長し、2027年には38億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

皮下注射針は、体内に物質を注入するために注射器とともに使用される、細く中空の針を指します。また、静脈穿刺で静脈から血液サンプルを採取するなど、体液を抽出する際にも使用されます。一般的には、ステンレス製のチューブを用いて、チューブドローイングプロセスで製造されます。また、皮下注射針は、インスリンなどの経口摂取が困難な薬剤や、患者の肝臓に負担をかける可能性のある薬剤の投与に利用されることもあります。さらに、皮下注射針は表面が非常に滑らかで鋭利であるため、無菌基材に接種する際の汚染を防止し、最小限に抑えることができます。その結果、皮下注射針は、無菌状態を必要とする医療分野や研究環境において、幅広い用途が見出されています。

市場の動向

皮下注射針は、医療専門家、医師、歯科医師、救急隊員によって、緊急時の液体の迅速な皮内投与、ワクチン接種、薬剤投与、血液サンプル採取に広く使用されており、これが市場成長の主な要因となっています。また、がん、糖尿病、心血管障害などの感染症や慢性疾患の蔓延が、ワクチンや注射剤の需要を高めています。さらに、世界中でコロナウイルス(COVID-19)の蔓延を抑制するためのワクチン接種キャンペーンが進行していることも、皮下注射針の需要を促進しています。これに加えて、針の再使用を防止し、感染のリスクを軽減するために安全針の使用を義務付けている様々な国の政府による厳格な規制の実施は、市場の成長を推進しています。さらに、大手メーカー数社は、非経口治療における患者の快適さを向上させ、浸透抵抗を減らすために、精密工学に基づいた皮下注射針を開発しています。また、品質基準を満たし、安全な薬剤投与を保証するために、検査・試験プロセスの自動化システムにも多額の投資を行っています。その他、針刺し事故防止の必要性の高まり、血液感染症の急増、献血の増加、医療インフラの改善、技術の進歩なども、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

皮下注射針の世界市場は、製品タイプ、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

・安全皮下注射針

・非安全皮下注射針

アプリケーション別の市場区分

・ドラッグデリバリー

・ワクチン

・血液検体採取

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・外来外科センター

・糖尿病患者

・家庭医療

・精神科

・その他

市場の競合状況

皮下注射針の世界市場における主要な企業としては、B. Braun Melsungen AG、Becton Dickinson and Company、Cardinal Health Inc.、Connecticut Hypodermics Inc.、EXELINT International Co.、Hi-Tech Syringes、McKesson Corporation、Medline Industries LP、Nipro Corporation、Retractable Technologies Inc.、Smiths Medical Inc.(ICU Medical Inc.)、Terumo Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]