ポリカーボネート市場、2027年に132億8,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のポリカーボネート市場は、2021年に95億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.02%のCAGRで成長し、2027年には132億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。

ポリカーボネートは、軽量で耐久性があり、非晶質である熱可塑性ポリマーのグループを指します。ビスフェノールAとホスゲンの重合または重縮合によって合成され、熱を加えると固体から液体へと徐々に軟化する性質があります。安全ガラス、アイレンズ、建築用グレージング、半導体機械部品、透明マニホールドなどに使用される合成樹脂です。光学的透明性、酸化安定性、熱安定性、耐湿性、耐薬品性、耐熱性、耐電性などの優れた特性を持っています。そのため、自動車、輸送、電気、電子、建築、包装、消費財、医療など、さまざまな業界で幅広く使用されています。

市場の成長要因

世界的な工業化の急速な進展に伴い、軽量で衝撃や飛散に強い製品への需要が高まっていることが、市場成長の主な要因の一つとなっています。ポリカーボネート樹脂は、ポリブチレン・テレフタレート(PBT)やアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂などの他のポリマーと混合して、照明システム、ヘッドランプレンズ、外装・内装部品などを製造します。また、中空ポリカーボネートは、スマートフォン、コンピューター、充電器、バッテリーボックスなどの熱絶縁性の高い家電製品の製造に広く採用されており、市場の成長を後押ししています。さらに、ポリカーボネートを使用して製造された拡張現実(AR)や仮想現実(VR)ベースのデバイス、センサー、ドローンの開発など、さまざまな技術的進歩も市場成長を促す要因として作用しています。その他の市場成長要因としては、農業分野で紫外線(UV)に強い農業用建物の屋根パネルやシートを製造するためにポリカーボネートが広く利用されていることや、高機能プラスチックを開発するための広範な研究開発(R&D)活動などが挙げられます。

主要な市場区分

ポリカーボネートの世界市場は、製品タイプおよび用途に基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

・シート・フィルム

・ファイバー

・ブレンド

・チューブ

・その他

用途別の市場区分

・自動車

・電気・電子

・建築・スポーツ・レジャー

・光学メディア

・家電・住設

・パッケージ

・医療・眼科

・その他

市場の競合状況

ポリカーボネートの世界市場における主要な企業としては、Chi Mei Corporation, Covestro AG, Formosa Chemicals & Fibre Corporation, Idemitsu Kosan Co. Ltd., LG Chem, Lotte Chemical Corporation, Mitsubishi Engineering Plastics Corp., SABIC, Teijin Limited, Trinseoなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]