ルート最適化ソフトウェア市場、2027年に177億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ルート最適化ソフトウェアの世界市場は、2021年に67億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は17.3%のCAGRで成長し、2027年には177億米ドル規模に達すると予想されています。

ルート最適化ソフトウェアは、堅牢なアルゴリズムによって配送ルートの管理と計画を可能にします。効率的で費用対効果に優れ、ミスが起こりやすく時間のかかる手動によるルートプランニングと比較して、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。また、すでに計画されたルートをリアルタイムで更新できるため、ドライバーの管理も改善され、将来のビジネス課題に対する計画も立てやすくなります。現在、大手企業は、燃料費を最小限に抑え、時間を節約する新しいルート最適化ソフトウェアを導入しています。このソフトウェアは、デジタル技術、過去の交通データ、気象条件、シナリオモデリングを統合し、最速かつ経済的で、複数の中継地点を持つ計画的なルートの特定を支援します。

市場の動向

デジタル化とビジネスの世界的な拡大により、手動によるルート最適化はより困難になっています。これは、ルート最適化ソフトウェアが効率的で拡張性があり、正確で柔軟、かつ堅牢であることから、世界中の企業がルート最適化ソフトウェアを導入する主な要因の一つとなっています。また、利便性の高さからオンラインフードデリバリーソリューションの需要が高まっていることや、スマートフォンの普及、食品・飲料(F&B)産業の急成長も、市場の成長を後押ししています。さらに、フードサービス事業者は、オンライン注文の精度向上、注文処理の簡素化、割引クーポンの提供などに注力することにより消費者層の拡大を図っており、市場の成長に寄与しています。加えて、中小企業は、生産性の向上と顧客体験の改善のために、ルート最適化ソフトウェアに依存しています。また、ドライバーのスケジュール、稼働時間、総停車時間、履行見積もり、法的要件の管理も支援します。さらに、燃料価格の上昇により、運用コスト、燃料コスト、ドライバーの給与コストを大幅に削減する最新のルート最適化ソフトウェアの導入が促進されると予想されています。

主要な市場区分

ルート最適化ソフトウェアの世界市場は、ソリューション、導入タイプ、組織規模、業種に基づいて細分化されています。

ソリューション別の市場区分

・ソフトウェア

・サービス

導入タイプ別の市場区分

・クラウド型

・オンプレミス

組織規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

業種別の市場区分

・オンデマンドフードデリバリー

・タクシー

・在宅介護・フィールドサービス

・小売・FMCG

・その他

市場の競合状況

ルート最適化ソフトウェアの世界市場における主要な企業としては、Caliper Corporation, Environmental Systems Research Institute Inc., Geoconcept SAS, Microlise Telematics Pvt. Ltd., Omnitracs (Solera Holdings Inc.), Ortec B.V., Paragon (Aptean), PTV Planung Transport Verkehr AG (Porsche SE), Route4me Inc., Routific Solutions Inc., Verizon Communications Inc., Workwave LLC (IFS AB)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]