4Dプリンティング市場、2027年に5億7,010万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の4Dプリンティング市場は、2021年に7,840万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は37.50%のCAGRで成長し、2027年には5億7,010万米ドル規模に達すると予想されています。

4Dプリンティングは、3次元(3D)プリンティング技術に高度なソフトウェア、材料科学、エンジニアリングを組み合わせた技術で、時間という4次元を追加し、3Dプリントされた物体に形状を変化させる能力を与えます。これらの印刷物は、熱、水、光、電気、磁場、化学物質などの環境要因など、外部からの刺激によってさまざまな形状に変形することが可能です。近年、4Dプリンティングは、従来の製造技術よりも効率や品質、性能が向上していることから、急速に普及しています。しかし、4Dプリンティング技術はまだ初期段階にあり、数社の市場主要企業は、様々な産業にわたる潜在的なアプリケーションを探索するための研究開発(R&D)活動に従事しています。

市場の動向

数多くの3Dプリンティングアプリケーションにおけるイノベーションの需要の高まりが、市場成長の主な要因となっています。4Dプリントされたオブジェクトは、その自己変形機能により、限られたリソースを最大限に活用できるため、時間、労力、リソースを節約しながら、製造コスト、輸送コスト、ハンドリングコストを削減することができます。その結果、全体的な運用コストを最小限に抑え、ビジネスの効率性向上に対するニーズの高まりと、持続可能な環境の確保が重視されるようになり、4Dプリンティングの需要が拡大しています。また、炭素繊維、プリント木目、カスタムテキスタイル複合材、および優れた自己変形、プログラム可能な作動、センシング機能を提供するその他の革新的材料の開発などの技術的進歩が、市場の成長を促進しています。さらに、さまざまな産業における4Dプリント技術の新たな応用が、市場成長に寄与しています。例えば、ヘルスケア分野では、医師が自己変形する4Dプリント部品を利用して患者の体内に設置し、手術に伴う手順を最小限に抑えています。その他、製品イノベーションへの注目の高まり、研究開発(R&D)プロジェクトへの多額の投資、インダストリー5.0の出現などの要因も、市場に明るい見通しをもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]