延長保証市場、2027年に1,823億米ドル規模到達見込み

市場の概要  

世界の延長保証市場は、2021年に1,215億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.70%のCAGRで成長し、2027年には1,823億米ドル規模に達すると予想されています。

延長保証(サービス契約)とは、消費者が製品を購入した際に提供される保証期間を延長する保険のことです。一般に、製造上の欠陥や品質不良が原因で破損した場合、製品の修理や交換にかかる費用を補償するものです。通常、自動車、電子機器、電化製品などのメーカー、小売店、第三者サービスプロバイダーが提供しています。これらの商品には通常1年間のメーカー保証が付きますが、延長保証は、最初の保証の期限が切れた後、様々な製品の欠陥や通常の損耗に対して補償を提供することができます。近年、延長保証ソリューションは、その費用対効果の高さと、当初の保証ではカバーされない製品の機械的・電子的故障などの追加的な保証により、人気を博しています。

市場の動向

現在、延長保証制度は、定期的なメンテナンスと、液体の流出や盗難、画面割れなどの偶発的な損害を補償するものです。そのため、消費者の間では、当初の保証期間が終了した後の電子機器の安全性に関する懸念が高まっており、これが市場成長の主な要因となっています。また、品質にこだわる顧客の増加や、購入後のトラブルを回避したいという消費者の志向の変化が、延長保証制度の需要を高めています。さらに、高性能車やスマートフォン、ラップトップ、タブレット、ウェアラブルなどの家電製品の販売急増が、延長保証制度の需要増加に寄与しています。加えて、大手企業は、手間のかからない交換サービスやオンサイトサービスなどの付加価値サービスを提供し、クレーム処理の迅速化のために延長保証プロセスをデジタル化しており、これが市場成長の推進力となっています。その他、商品の長寿命化と価値の向上に対するニーズの高まり、消費者の可処分所得の増加、修理・メンテナンス費用の上昇などの要因も、市場の見通しを明るいものにしています。

主要な市場区分

世界の延長保証市場は、保証範囲、用途、流通チャネル、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

保証範囲別の市場区分

・標準保証プラン

・事故保証プラン

用途別の市場区分

・自動車

・家電

・家電製品

・モバイル機器・PC

・その他

流通チャネル別の市場区分

・メーカー

・小売店

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・個人

・企業

市場の競合状況

世界の延長保証市場における主要な企業としては、Allianz SE、American International Group Inc.、AmTrust Financial、Assurant Inc.、Asurion LLC、Axa S.A.、Carchex、CarShield LLC、Chubb Limited、Edel Assurance LLP、Endurance Warranty Services LLC、SquareTrade Inc.(The Allstate Corporation)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]