カーボンナノチューブ市場、2027年に108億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のカーボンナノチューブ市場は、2021年に40億5,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は17.20%のCAGRで成長し、2027年には108億米ドル規模に達すると予想されています。

カーボンナノチューブ(CNT)は、ナノメートル単位の大きさを持つ円筒形の炭素分子です。グラフェンのシートを丸めて作った、混成炭素原子の六角形配列で構成されています。単層と多層があります。カーボンナノチューブは、スポーツ用品、デバイスのモデリングやエネルギー貯蔵システム、薄膜エレクトロニクス、アクチュエーター、水フィルター、電磁シールドの製造に広く使用されています。CNTは小型・軽量で柔軟性が高く、細胞膜を貫通することができます。また、高い熱伝導性、引張強度、耐久性、電気伝導性、耐熱性があります。そのため、ヘルスケア、エネルギー、エレクトロニクス、自動車、繊維、航空宇宙、防衛など、さまざまな産業で幅広い用途が見出されています。

市場の動向

世界の航空宇宙産業の著しい成長は、市場に明るい見通しをもたらす重要な要因の一つです。CNTは、航空機の氷結防止、衛星の重量軽減、照明システムの保護などの目的で、航空機の翼や胴体などに広く使用されています。また、陰極線照明素子やウェハー処理に多層バリアントが広く採用されていることも、市場の成長に好影響を与えています。環境に優しく、樟脳の化学気相成長で製造される高純度CNTの開発など、さまざまな製品イノベーションが市場成長の推進力となっています。これに伴い、病気の治療や健康状態のモニタリングに利用されるドラッグデリバリーやバイオセンシングシステムの製造に対する製品需要の増加が、市場成長にプラスの影響を与えています。さらに、半導体デバイスを製造するエレクトロニクス産業での利用が拡大していることや、高級ファッション衣料や防弾ジャケットを製造するためのCNTの需要が増加していることも、市場の成長を後押しすると予想されます。

主要な市場区分

世界のカーボンナノチューブ市場は、製品、方法、用途に基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

・多層カーボンナノチューブ (MWCNT)

・単層カーボンナノチューブ(SWCNT)

方法別の市場区分

・化学気相成長法(CVD)

・触媒化学気相成長法(CCVD)

・高圧一酸化炭素反応

・その他

用途別の市場区分

・高分子材料

・電気・電子

・エネルギー

・その他

市場の競合状況

世界のカーボンナノチューブ市場における主要な企業としては、Arkema S.A, Cabot Corporation, Carbon Solutions Inc., Cheap Tubes Inc., Jiangsu Cnano Technology Co. Ltd., Kumho Petrochemical Co. Ltd., LG Chem Ltd. (LG Corporation), Nanocyl SA, OCSiAl, Ossila Ltd., Raymor Industries Inc., Showa Denko K.K.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]