凍結療法市場、2027年に4億2,190万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の凍結療法市場は、2021年に2億9,200万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.25%のCAGRで成長し、2027年には4億2,190万米ドル規模に達すると予想されています。

凍結療法は、痛みの緩和や整形外科的損傷の治療のために使用される非侵襲的な技術を指します。また、前立腺がん、子宮頸がん、肝臓がんの治療のために、いぼやタグなどの異常な皮膚増殖や局所腫瘍を凍結して除去することも含まれます。液体窒素、液体亜酸化窒素、圧縮アルゴンガスなどを利用して、凍結融解術や凍結外科手術を行います。凍結療法はまた、関節リウマチ、ストレス、喘息、片頭痛、筋肉痛の治療にも役立っています。代謝を高め、高い体温を維持することで体重を減らそうとする人によく好まれます。従来から使用されている治療法と比較して、凍結療法はより早い回復を促し、非標的領域に影響を与えるリスクを最小限に抑え、腫瘍、皮膚病、循環器系疾患の治療に広く使用されています。

市場の動向

世界的な慢性疾患の増加が、市場成長の主な要因の一つとなっています。全身凍結療法(WBC)は、様々な健康状態、悪性・良性腫瘍、組織損傷や病変、スポーツ外傷の治療に広く使用されています。また、患者や医療従事者の間で低侵襲・非侵襲の治療法に対する需要が高まっていることが、市場成長の推進力となっています。炎症、関節リウマチ、慢性疼痛の治療のためのクライオチャンバーやクライオサウナの開発など、さまざまな技術的進歩も、市場成長を促す要因となっています。これに伴い、ヘリウムフリー融解機能を備えた薄型・過冷却プローブやクライオアブレーション針の利用が増加していることも、市場の成長に寄与しています。その他、医療インフラの大幅な改善や大規模な研究開発(R&D)活動なども、市場の成長に向けた原動力になると予想されます。

主要な市場区分

世界の凍結療法市場は、製品、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

凍結手術用装置

・組織コンタクトプローブ

・組織スプレープローブ

・表皮・皮下凍結融解装置

局所凍結療法機器

クライオチャンバー・クライオソーナ

用途別の市場区分

外科

・腫瘍

・循環器

・皮膚科

・その他

疼痛管理

回復・健康・美容

エンドユーザー別の市場区分

・病院・専門クリニック

・凍結療法センター

・スパ・フィットネスセンター

市場の競合状況

世界の凍結療法市場における主要な企業としては、Boston Scientific Corporation、Brymill Cryogenic Systems、CooperSurgical Inc.、Cortex Technology、CryoConcepts LP、Erbe Elektromedizin GmbH、Kriosystem-Care Sp.z o.o、Medtronic plc、METRUM CRYOFLEX Sp.z o.o. Sp. k、Pacira BioSciences Inc.、US Cryotherapy、Zimmer MedizinSysteme GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]