機械安全装置市場、2027年に73億3,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の機械安全装置市場は、2021年に48億 8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.60%のCAGRで成長し、2027年には73億3,000万米ドル規模に達すると予想されています。

機械安全装置とは、機械とそのオペレーターを保護するために採用されているさまざまな安全装置の総称です。最も一般的に使用される安全装置には、緊急停止装置、安全センサー、インターロックスイッチ、防護服、セーフティカーテンライト、存在センサー装置、安全コントローラー、リレー、モジュールなどがあります。これらは、職場で重大な怪我や事故を引き起こす可能性のある可動部品、高温の表面、鋭い刃物などを保護し、作業者への機械的な危険を排除するために設計されています。その結果、機械安全装置は、食品・飲料(F&B)、自動車、製造、ヘルスケア、エレクトロニクス、半導体、発電、石油・ガスなど、さまざまな産業で幅広い用途が見出されています。

市場の動向

産業分野における安全性の重視の高まりと労働災害の増加が、市場成長の主な要因です。また、各国政府や国際標準化機構(ISO)、国際電気標準会議(IEC)などの国際機関が、機械に関する厳しい安全基準を導入しています。このため、産業界や製造施設では、これらの安全基準や規制を遵守する必要性が高まっており、それが市場成長の推進力となっています。これに加えて、生産能力向上のための既存機械のアップグレードへの投資の増加や、産業用オートメーション製品の需要の高まりが、機械安全装置の採用を加速しています。さらに、大手メーカーは、機械の安全性、効率性、信頼性を向上させるために、革新的な製品バリエーションを開発しています。その他、インダストリー4.0の登場、労働者の労働安全に関する意識の高まり、IoTソリューションの普及、急速な産業化、広範な研究開発(R&D)活動などの要因も、市場に明るい見通しをもたらしています。

主要な市場区分

世界の機械安全装置市場は、実装、コンポーネント、最終用途産業に基づいて細分化されています。

実装別の市場区分

・個別コンポーネント

・エンベデッドコンポーネント

コンポーネント別の市場区分

・存在検知型安全センサー

・非常停止装置

・セーフティインターロックスイッチ

・セーフティコントローラ/モジュール/リレー

・その他

最終用途産業別の市場区分

・自動車

・電子・半導体

・食品・飲料

・医療・医薬

・金属・鉱業

・石油・ガス

・その他

市場の競合状況

世界の機械安全装置市場における主要な企業としては、ABB Ltd, Banner Engineering Corp., Emerson Electric Co., Honeywell International Inc., IDEC Corporation, Keyence Corporation, Mitsubishi Electric Corporation, OMRON Corporation, Pilz GmbH & Co. KG, Rockwell Automation Inc., Schneider Electric SE, Sick AG, Siemens AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]